環境学習・環境活動・イベント情報

2014年1月24日 金曜日【環境学習会情報】
◆受講者募集◆ エコエデュ「遊木の森で環境教育を学ぶトレイニークラブ」

NPO法人しずおか環境教育研究会(通称エコエデュ)さんが開催する、自然体験スタッフ育成講座のご案内です☆

(以下、エコエデュホームページより一部転載)

 

 

■ ■ 遊木の森 トレイニークラブ会員募集中! ■ ■
 
 
企画立案からプログラムの実施まで、体験しながら学びます!
単に遊び方や伝え方などのスキルの習得だけを目指すのではなく、
環境教育の本来の意義をとらえ指導者に必要な考え方を学ぶことができる、
他に類をみない研修です。
 
期 間:平成26年4月~平成27年3月(全9回)
    基本的に第2土曜日(3月のみ第4日曜)
場 所:しずおか里山体験学習施設『遊木の森』
参加費:無料
申込期限:平成26年2月28日(金)
プログラムの構成の考え方とチームワークを大切にしています。
また、遊木の森をフィールドとして実践的な研修を受けることもできます。
 
詳しくは募集チラシをご覧ください。

募集チラシ(PDFファイル)

 


すぎちゃんタンポポ だいちゃんプログラム 講師陣

 

 

「エコエデュ」ホームページ

2014年1月24日 金曜日【環境学習会情報】
◆参加者募集◆ 2月4日(火) 講演会「地域を豊かにするエネルギー大転換」

エネルギー転換を考える実行委員会さんから、地域活性化と再生可能エネルギーを学ぶセミナーに関する情報をご提供いただきましたのでご紹介します☆

(以下、いただいたチラシから転載です。)

 

 

【地域活性化と再生可能エネルギーを学ぶセミナー】

地域を豊かにするエネルギー大転換

 

 

ene01.jpgドイツは、福島の事故を受けて原発ゼロを決め、将来の脱化石エネルギーをめざして、省エネ、エネルギーの高度利用、再生可能エネルギーの3つを柱にエネルギーの大転換をはかろうとしています。

しかもその転換は、そのまま地域を豊かにする施策につながるところに魅力があります。

フライブルク在住で環境ジャーナリストの村上敦さんに、ドイツから学べることは何かをお話しいただきます。

 

 

 

◆村上敦氏プロフィール◆

ドイツ在住の環境ジャーナリスト。

日本で土木工学部、ゼネコン勤務を経て、環境問題を意識し、ドイツ・フライブルクへ留学。

フライブルク地方市役所・建設局に勤務の後、2002年から独立し、ドイツの環境政策、都市計画、エネルギー政策を日本に紹介する。

多様なメディアへの寄稿と企画協力、環境関連の調査、自治体/企業への環境コンサルティング、講演活動を続ける。

南ドイツの自治体や環境関連の専門家、研究所、NPOなどとのネットワークも厚い。

 

 

 

 

 

【日時】平成26年2月4日(火)18:30~ (開場18:00)

【場所】静岡県男女参画共同センター「あざれあ」 2階大会議室 (駿河区馬渕)

【内容】講演「地域を豊かにするエネルギー大転換」

     講師:村上敦氏(ドイツ在住・環境ジャーナリスト)

【対象】どなたでも

【参加費】800円(学生500円)

【申込方法】下記問合せ先までご連絡ください。

【問合せ】NPO法人アースライフネットワーク 守屋(電話054-271-8806)

【主催】エネルギー転換を考える実行委員会

【その他】会場駐車場はご利用できませんので、公共交通機関でお越しください。

 

チラシはこちら(PDFファイル)

2014年1月20日 月曜日【教材・資料】
麻機自然体験コミュニティ「Balance」 フェイスブックページのご案内

麻機地域の豊かな自然環境で子どもたちと活動している「Balance」さんから、フェイスブックページの情報をいただきました!!

 

「Balance」さんは、荒廃が進む麻機エリアの身近な自然・里地・里山の整備保全を進め、子供達に自然の中での遊び方・楽しさを伝える場を提供していくと共に、人と『森林・河川・海』等の自然との繋がりや大切さを学び、地域循環型社会の構築も視野に入れた活動をしています。

 

ぜひ、フェイスブックページもご活用ください☆

10.JPGのサムネイル画像 22.JPGのサムネイル画像

 

 

麻機自然体験コミュニティ「Balance」 Facebookページはこちら

 

麻機自然体験コミュニティ「Balance」さんの団体紹介はこちら(しぜんたんけんてちょう)

2014年1月10日 金曜日【環境学習会情報】
◆参加者募集◆ 1月24日(金) 地域材活用シンポジウム 「しずおかでつながる『木』と『地域』」

静岡県と、しずおか優良木材認証審査会が主催する研修会の開催案内をいただきましたので紹介します!

(チラシより抜粋)

 

 

~地域材活用シンポジウム~

しずおかでつながる「木」と「地域」

 

 

豊かな森、人、文化。地域にはたくさんの資源があります。

これらを活かす取組が様々な分野で広がっていますが、木材の分野でも地域の木=「地域材」を使う機運が高まりつつあります。

地域材が持つ魅力と可能性。それを最大限に引き出すための方策とは?

それぞれの分野で活躍されている皆さんにお話を伺い、「木」と「地域」の未来について一緒に考えてみませんか?

 

260124chiikizai.jpg

(クリックするとPDFファイルが開きます)

 

 

 

【日時】平成26年1月24日(金曜日) 13:30~16:30

【場所】静岡県男女共同参画センターあざれあ 大ホール (静岡市駿河区馬渕)

【内容】

(1)第1部:基調講演

「森林・林業への期待~山の経済をまわす処方箋~」

講師:末松広行氏(林野庁林政部長)

(2)第2部:事例紹介~しずおかの地域資源を活かす人たち~

①「地域の木を生かす住まいづくりと住まい感」

講師:松永務氏(アトリエMアーキテクツ代表)

②「資源は地域にある~観光×人~」

講師:渡村マイ氏(SACLABO代表)

(3)第3部:トークセッション~しずおかの地域資源と活かし方~

講師:末松広行氏、松永務氏、渡村マイ氏

コーディネーター:赤堀楠雄氏(林材ライター)

【対象】どなたでも(定員250名)

【申込方法】チラシ(PDFファイル)に記載されている参加申込書により、FAXまたはメールでお申込みください。

【申込先】しずおか優良木材認証審査会

FAX:054-667-3466

メール: s-wood☆s-kenmori.net

(☆を@に変換して送信ください)

【主催】静岡県、しずおか優良木材認証審査会

 

 

チラシ(PDFファイル)

2014年1月09日 木曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 1月19日(日) 南沼上柴揚げ漁保存会「柴揚げ漁」

柴あげ漁は、浅畑沼で大変古くから伝えられている魚の習性を利用した伝統漁法です。

栗の木の枝を切り、9月に葉をつけたまま沈めておくと、水温の低下によりコイやフナが集まることから、1月から2月に、竹やヨシで作ったスダレで囲み、魚を捕獲するものです。

捕れた魚は、味噌汁の食材などで重宝されました。

現在では、柴あげ漁保存会により柴あげが再現され、麻機遊水地の冬の風物詩となっています。

 

というわけで、柴あげ漁保存会さんも参加している巴川流域麻機遊水地自然再生協議会さんより、今年度の開催案内をいただきましたので、ご紹介いたします☆

今年は、復活35周年とのこと!

フナ汁料理、おでん、甘酒等のお楽しみ会もあるそうです☆

 

伝統漁法「柴揚げ漁」の見学に、ぜひみなさまお越しください!!

 

shibaage.jpg

(クリックするとPDFファイルが開きます)

 

 

【日時】平成26年1月19日(日) 9:30~13:00 (雨天延期(26日))

※ 柴揚げ漁を行う時間は、9:30~11:30頃

【場所】静岡市野丈(麻機遊水地第3工区) 静岡ヘリポート西側

【内容】柴揚げ漁、鮒汁料理・おでん・甘酒等のお楽しみ会、遊水地に生息する魚類展示 ほか

【対象】どなたでも

【参加費】無料

【申込方法】お申込み不要

【問合せ】南沼上柴揚げ漁保存会

電話:054-261-3981

 

「柴揚げ漁」について(PDFファイル)

 

巴川流域麻機遊水地自然再生協議会ホームページ

2014年1月09日 木曜日【環境学習会情報】
◆参加者募集◆ 1月25日(土) しぞ~か防災かるたDeかるた大会!!!

「しぞ~か防災かるた」ってご存知ですか??

 

「しぞ~か防災かるた」は、地元愛をいっぱい詰め込んだかるたです☆

静岡市を中心に、静岡を愛する社会人や学生など多くの人々が関わって誕生したかるたで、愛する静岡の風土や文化・歴史などと、東日本大震災の教訓を楽しく学ぶことができます。

44首の中には、「大谷崩れ」や「藁科川」、「駿河湾」、「赤石岳」など、静岡市の特徴ある自然もたくさん紹介されていますよ☆

 

そんな「しぞ~か防災かるた」の大会が、1月25日(土)に開催されます!

会場は、静岡市番町市民活動センター。

お茶の葉かおる番町で、ぜひ「しぞ~か防災かるた」をお楽しみください☆

 

無題.jpg

 (クリックするとチラシ(PDFファイル)が開きます)

 

 

【日時】平成26年1月25日(土)10:00~12:00 (受付9:30~)

【場所】静岡市番町市民活動センター 2階大会議室(静岡市葵区一番町50)

【内容】3人1組でチームをつくり対戦します。3人のチームをつくって参加してもOK!

もちろん、お1人での参加もOK!その場合は、主催者でチーム分けします。

優勝者チームの方には「しぞ~か防災かるた」プレゼント!参加賞もあるよ☆

【対象】どなたでも(参加者多数の場合は先着順)

【申込方法】下記問合せ先まで、電話・FAX・メールでお申込みください。

【問合せ】しぞ~か防災かるた委員会

TEL:090-6574-5557(高山) ※不在の場合は留守電を入れてください

FAX:054-333-5294

メール:sbousaikaruta☆gmail.com  (☆を@に変換して送信ください)

 

 

しぞ~か防災かるた委員会のサイトはこちら

 

 

 

2014年1月09日 木曜日【環境学習の実績・成果】
◆活動紹介◆ NPO法人浅間山再生プロジェクト通信(No.14)のご紹介

浅間山の環境保全や地域住民の安全を目的に、井宮地区を中心の人達で放置竹林の伐採などの活動を行っている「NPO法人浅間山再生プロジェクト」さんから、会報誌の情報をいただきました☆

 

2014年新年号の会報誌はこちらです。(PDF1378KB)

ぜひ、ご覧ください。

 

H251214_006-s.jpg 

【内容】
・新春雑感
・門松、ミニ門松づくり
・里山、浅間山の保全活動 伐採の進捗状況は順調!
・安西グリーンプロジェクト
「竹粉を使った生ごみの堆肥化」の町内説明会を開始!

 

NPO法人浅間山再生プロジェクトについて(しぜんたんけんてちょう、活動団体紹介ページ)

 

2014年1月09日 木曜日【環境学習会情報】
◆参加者募集◆ 1月26日(日) 「協働の底力。地域づくり発表会in伊東」

静岡県では、誰もが暮らしやすい“ふじのくに”の実現に向けて、NPOなどで活躍される県民の方々と県の職員で「協働の底力組(協働実行委員会)」を立ち上げ、協働による“魅力ある地域づくり”を広げる活動に取り組んでいます。

 

「協働」とは、県民(地域住民)、NPO、企業、行政などがそれぞれの主体性・自主性のもとに、互いの特性を認識・尊重し合いながら、持てる資源(人材、資金、情報、ネットワークなど)を出し合い、対等な立場で、共通の公共的な目的を達成するために協力することを意味します。

 

このたび、こうした取組みを県内各地に広げるため、基調講演、ポスターセッション、トークライブなどを通じて、“協働”のコツやヒントを探る「協働の底力。地域づくり発表会in伊東」を開催します!

 

会場は伊東市ですが、トークライブやポスターセッションで静岡市内の活動も紹介されます☆
ぜひ、みなさまのご来場をお待ちしています!!

 

kyoudou2014.jpg

(クリックするとPDFファイルが開きます)

 

 

「協働の底力。地域づくり発表会in伊東」(第10回協働事例発表会)

 

 

【日時】平成26年1月26日(日)13:00~16:30 (受付12:30~)

(まち歩きから参加される方は受付10:15~)

【場所】伊東市観光会館別館(静岡県伊東市渚町6-16)

【内容】基調講演、ポスターセッション、トークライブ

(詳細はチラシ(PDFファイル)をご覧ください)

【対象】200名(申込順)

【参加費】無料

【申込方法】電話又は、申込みシートをFAX、メールで送信してください。

(申込みシートは、チラシにあります。)

【問合せ】NPO法人NPOサポート・しみず(連絡担当:川口)

TEL:054-340-1012

FAX:054-351-5530

メール: kyodo☆shimizu-s-center.org

(☆を@に変換して送信ください。)

【主催】静岡県、協働の底力組(協働実行委員会)

 

 

◆おまけ◆


ちなみに、同期間には「伊東温泉めちゃくちゃ市」が開催されます!

今年は第20回の記念開催!!

「協働の底力。」と一緒に、ぜひ足をお運びください☆

 

⇒めちゃくちゃ市の情報は、伊東観光協会ホームページをご覧ください。

 

 

 

 

 

Copyright (C) SHIZUOKA CITY All Rights Reserved.

検索

新着記事

リンク

静岡市
環境局のページ
自然環境マップ
清流の都・静岡創造推進協議会
南アルプス情報
静岡県
環境学習ホームページ
ふじのくにゆうゆうnet
環境局水利用課
環境省
環境省
環境活動団体
静岡市消費者協会
静岡県環境カウンセラー協会
アースライフネットワーク
しずおか環境教育研究会
(エコエデュ)

参加団体
静岡市 清流の都創造課
●住みよい東新田にする会
しずおか市消費者協会
静岡市 収集業務課
静岡市 生涯学習課
静岡市 河川課
静岡県フィッシング
 インストラクター協会

ホールアース自然学校
静岡市環境総務課
静岡市農林総務課
NPO法人フードツーリズム研究所

過去の記事

問い合わせ先

静岡市 環境局 環境創造課
電 話:054-221-1357
F A X:054-221-1492
Eメール:kankyousouzou@city.shizuoka.lg.jp