環境学習・環境活動・イベント情報

2019年9月30日 月曜日【環境学習会情報】
「ボタニカルアート展」開催中!

ふじのくに地球環境史ミュージアムにおいて、ボタニカルアート展が開催中です♪

 

◆ボタニカルアート展◆

9月7日(土)~11月4日(月・振休)

場所:ふじのくに地球環境史ミュージアム

  (静岡市駿河区大谷5762 旧 県立静岡南高校)

 

ボタニカルアート展にあわせて、ボタニカルアート作家による講演会や、

ミュージアムサポーターによる講座も開催されます。

   ボタニカルアート展チラシ.jpg

      ボタニカルアート展チラシ.pdf

 

 

◆講演会「ボタニカルアートとは?」◆          

 講師:加古川 利彦(ボタニカルアート作家)        

10月6日(日)14:00~15:00             

 *定員/100名                      

 *料金/常設展観覧料のみ               

 *会場/2F講堂                   

                                                       

 

◆ボタニカルアート(植物画)講座◆

講師:藤森 有規子(ミュージアムサポーター)

10月13日(日)

 ①11:00~12:00          ②14:00~15:30

*対象/小中学生(色鉛筆)      *対象/高校生以上(水彩)

*定員/10名             *定員/15名

*料金/300円(別途常設展観覧料)   *料金/300円(別途常設展観覧料)

*会場/講座室A            *会場/講座室A

 

■申込方法■

①電話(054-260-7111)

②メール(info@fujimu100.jp)

③当館窓口

・①~③のいずれかの方法でお申し込みください。

・講座名、氏名、連絡先、参加人数をお知らせください。

・メールの件名は「ボタニカルアート」としてください。

 

■受付締切■

各講座とも、開催日の2日前まで。ただし、定員に達し次第受付終了となります。

 

■お問い合わせ■

ふじのくに地球環境史ミュージアム

TEL:054-260-7111

FAX:054-238-5870

E-mail:info@fujimu100.jp

2019年9月25日 水曜日【環境学習会情報】
「ミュージアム学習会・第3回ふじミュー海外研究報告」が開催されます!

ふじのくに地球環境史ミュージアムでは、「メキシコ熱帯域における古地震研究の最前線」をテーマに、マリア・テレサ ラミレス・ヘレラ博士による講演会を開催します。

 

 マリア・テレサ博士は、中南米で最大規模の大学であるメキシコ国立自治大学で古地震の研究に取り組んでいる世界的な研究者です。この講演では、メキシコ熱帯域での古地震・古津波の調査研究や、現地の環境や風景について、写真などを交えながらご紹介いただきます。

 

 メキシコにご興味をお持ちの方、地震・津波研究にご関心のある方は、どなたでも、ぜひご聴講ください!

 【研究員による通訳あり】

 

   「メキシコ熱帯域における古地震研究の最前線」チラシ.jpg

   メキシコ熱帯域における古地震研究の最前線.pdf

  

     詳細はこちら→   https://www.fujimu100.jp/event/4572/

 

 

 《イベント概要》

 

【催  事  名】 ミュージアム学習会・第3回ふじミュー海外研究報告

       「メキシコ熱帯域における古地震研究の最前線」

 

【開催期間】 令和元年9月29日(日)13:30~15:00

 

【開催場所】 ふじのくに地球環境史ミュージアム 2階講堂

       静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)

       ※定員100名            

                         ※参加無料(ただし、入場には観覧券が必要です)

 

【入 場 料】 一般:300円、団体:200円(一人につき)

       大学生以下、70歳以上:無料

       ※団体は20人以上

       ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を

        受けている人と付添者1名は無料

       ※常設展も併せて観覧できます。

 

【問い合せ】 ふじのくに地球環境史ミュージアム学芸課 菅原大助 

       Tel:054-260-7111

       E-mail:sugawara.daisuke.sendai@gmail.com

2019年9月24日 火曜日【環境学習会情報】
2019年 秋の森づくり県民大作戦を開催します!

「静岡県 環境ふれあい課」よりお知らせです。

 

budbud「森づくり県民大作戦」のイベントに参加しよう!budbud

 

秋の森づくり県民大作戦では、県民の皆さんが参加できる「森づくり」のイベントを紹介しています。

 

木工クラフトや森林散策などのイベントから、間伐や植林といった森を守り育てる活動まで、楽しいイベントが盛りだくさんです。

 

豊かな自然にふれあい、森を未来へつなげる活動に参加してみませんか?

 

 

 

budbud森づくり団体の皆さまへの支援budbud

 

県ホームページでイベントを広報します!

 「森づくり県民大作戦」としてイベントを登録すると、イベント情報をHPで公開し、

 一般参加者募集を呼びかけることができます。

 

「緑の募金事業」による森づくり活動の支援をします!

 毎年2~5月の期間に(公財)静岡県グリーンバンクが「緑の募金事業」の公募を行っています。

 森づくり県民大作戦を支援する「緑の募金事業」もありますので、ぜひご応募ください。

 

いずれも、参加申込書は「森づくり県民大作戦」のホームページからダウンロードできます。

下のURLからご覧いただけます。

http://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-080/mori/topics/daisakusen.html

 

詳しくはチラシをご覧ください。

森づくり表.png  森づくり裏.png

チラシ秋の森づくり県民大作戦.pdf

 

 

お問い合わせは下記問い合わせ先まで

 

◆問い合わせ先◆

静岡県くらし・環境部 環境局

環境ふれあい課 自然ふれあい班

電話:054-221-2664

FAX:054-221-3278

Eメール:fureai@pref.shizuoka.lg.jp

2019年9月20日 金曜日【環境学習会情報】
◆参加者募集◆令和元年9月28日「ミズアオイ観察会」@麻機遊水地

 麻機遊水地で開催される「ミズアオイ観察会」について、主催者から情報提供がありましたので、ご紹介します!

 

 麻機遊水地には、多くの湿生植物が自生しています。

 ここでは、ミズアオイの群落が9 月に入って花が咲き始め、タデなどもかわいい花を見せてくれます。

 遊水地ならではの植物を観察しながら、夏から秋へと移り変わりつつある湿地の自然を歩いてみませんか?

R1 ミズアオイ観察会チラシ表.jpgR1 ミズアオイ観察会チラシ裏.jpg

 

 チラシはこちらから⇒R1ミズアオイ観察会チラシ

 

 

◆開催概要◆

 

【日 時】 令和元年 9 月28 日(土) 9:30~11:00 頃
 
【場 所】 麻機遊水地第3工区
 
【対 象】 どなたでも
 
【定 員】 30 名程度 申込順 参加費無料
 
【持ち物】 飲み物・帽子・長靴(あれば) 服装は長袖、長ズボン
 
【問合せ・申込み】 令和元年9月27日(金)までに下記連絡先までFAXまたは
          電話で申し込みください。
          静岡市緑地政策課 TEL:054-221-1251
                    Fax: 054-221-1294
          昭和設計㈱      TEL:054-248-5284  担当:山梨、小野
                    Fax:054-247-6634
          (受付時間 平日8:30~17:15)
          ※詳細はチラシをご覧ください。
          
 
【主 催】 麻機ウェットランドクラブ <麻機遊水地保全活用推進協議会>
 
【協 力】 静岡市緑地政策課
2019年9月19日 木曜日【環境学習会情報】
◆聴講者募集中◆水辺に生きる植物たち-その多様性と現状-

 ふじのくに地球環境史ミュージアムでは、「オムニバス授業 地球環境史学」として、地球科学や生物科学の分野の第一線で活躍する研究者をお招きし、専門分野における最先端の研究成果をわかりやすく、深く、面白く、オムニバス形式でお伝えする講座を開講しています。

 

 今回紹介するのは、水草研究の第一人者である角野康郎先生による講演「水辺に生きる植物たち-その多様性と現状-」。

 

 水草の基礎から、水辺の希少種、保全、外来種、など幅広い内容をご講演いただきます。

 

水辺に生きる植物たち.jpg

 

 チラシはこちらから⇒オムニバス授業_地球環境史学

 
 
 
 ふじのくに地球環境史ミュージアムで、自然と人の暮らしの過去、現在、未来を考えてみませんか?
 
 
 

 《イベント概要》

 

【催  事  名】 オムニバス授業 地球環境史学

       「水辺に生きる植物たち-その多様性と現状-」

 

【講  師】 角野康郎氏(神戸大学名誉教授)

 

【開催日時】 令和元年9月21日(土) 14:00~15:30

 

【開催場所】 ふじのくに地球環境史ミュージアム 2階講堂

       静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)

 

【料  金】 常設展観覧券が必要です

       個人:300円、団体:200円(一人につき)

       大学生以下、70歳以上:無料

       ※団体は20人以上

       ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を

        受けている人と付添者1名は無料

 

【定  員】 100名(申込順)

 

【申し込み】  (1) 電話054-260-7111

       (2) メール info@fujimu100.jp

       (3) ミュージアム受付窓口

        必要事項:①受講したい日付 ②参加者氏名
             ③申込人数    ④電話番号
             ※メールの場合、タイトルを「地球環境史学申込み」
              としてください。
        受付締切:各講座開催日の2日前まで
 
        詳細はチラシをご覧ください。

 

【問い合せ】 ふじのくに地球環境史ミュージアム

       Tel:054-260-7111、Fax:054-238-5870

       E-mail:info@fujimu100.jp

2019年9月06日 金曜日【環境学習の実績・成果】
令和元年度 麻機遊水地カメ捕獲調査の結果

静岡市では、平成26年度に麻機遊水地第4工区で、カミツキガメが捕獲されたことをきっかけに

翌年の平成27年度からワナを使ったカミツキガメ捕獲調査を実施しています。

調査には、静岡大学の加藤英明先生をはじめ、市民調査員、静岡大学の学生さん、静岡北中学校・高等学校の生徒さんなど、総勢38人の方に協力いただきました。

大変暑い中、調査に協力いただいた方、ありがとうございました。

今回で5回目となる調査を実施しましたので、その結果を紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワナを93個設置し、129個体の生き物を捕獲することができました。

特定外来生物のカミツキガメは捕獲されませんでした。

 

外来種のミシシッピアカミミガメは約20%(24匹)で、昨年度の28%(31匹)よりも減りました。

これまでの継続した調査の実施により、外来種防除の効果がでてきていると思われます。

 

しかし、在来種のニホンスッポンとニホンイシガメの捕獲割合も、昨年度より減ってしまいました。

中でも、ニホンイシガメの捕獲数はゼロでした。

ニホンイシガメは、静岡県のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されている、希少な生き物です。

 

こうした在来種が生息しやすい環境に戻せるよう、市では引き続き調査を実施する予定です。

 

<調査結果>

2019年 カメパネル.png

<捕獲した場所>

3 捕獲場所.png

 

<こちらからPDFデータもご覧いただけます>

調査報告.pdf

捕獲場所.pdf

 

 

Copyright (C) SHIZUOKA CITY All Rights Reserved.

検索

新着記事

リンク

静岡市
環境局のページ
自然環境マップ
清流の都・静岡創造推進協議会
南アルプス情報
静岡県
環境学習ホームページ
ふじのくにゆうゆうnet
環境局水利用課
環境省
環境省
環境活動団体
静岡市消費者協会
静岡県環境カウンセラー協会
アースライフネットワーク
しずおか環境教育研究会
(エコエデュ)

参加団体
静岡市 清流の都創造課
●住みよい東新田にする会
しずおか市消費者協会
静岡市 収集業務課
静岡市 生涯学習課
静岡市 河川課
静岡県フィッシング
 インストラクター協会

ホールアース自然学校
静岡市環境総務課
静岡市農林総務課
NPO法人フードツーリズム研究所

過去の記事

●2020年2月
●2020年1月
●2019年12月
●2019年11月
●2019年10月
●2019年9月
●2019年8月
●2019年7月
●2019年6月
●2019年5月
●2019年4月
●2019年3月
●2019年2月
●2019年1月
●2018年12月
●2018年11月
●2018年10月
●2018年9月
●2018年8月
●2018年7月
●2018年6月
●2018年5月
●2018年4月
●2018年3月
●2018年2月
●2018年1月
●2017年12月
●2017年11月
●2017年10月
●2017年9月
●2017年7月
●2017年6月
●2017年3月
●2017年2月
●2017年1月
●2016年12月
●2016年11月
●2016年9月
●2016年8月
●2016年6月
●2016年5月
●2016年4月
●2016年3月
●2016年2月
●2016年1月
●2015年12月
●2015年11月
●2015年10月
●2015年9月
●2015年8月
●2015年7月
●2015年6月
●2015年5月
●2015年4月
●2015年3月
●2015年2月
●2015年1月
●2014年12月
●2014年11月
●2014年10月
●2014年9月
●2014年8月
●2014年7月
●2014年6月
●2014年5月
●2014年4月
●2014年3月
●2014年2月
●2014年1月
●2013年12月
●2013年11月
●2013年10月
●2013年9月
●2013年8月
●2013年7月
●2013年6月
●2013年5月
●2013年4月
●2013年3月
●2013年2月
●2013年1月
●2012年12月
●2012年11月
●2012年10月
●2012年9月
●2012年8月
●2012年7月
●2012年6月
●2012年5月
●2012年4月
●2012年1月
●2011年12月
●2011年9月
●2011年7月
●2011年6月
●2011年2月
●2011年1月
●2010年12月
●2010年11月
●2010年10月
●2010年9月
●2010年5月
●2010年4月
●2010年2月
●2010年1月
●2009年12月
●2009年11月
●2009年10月
●2009年9月
●2009年7月
●2009年6月
●2009年5月
●2009年3月
●2009年2月
●2009年1月
●2008年11月
●2008年10月
●2008年8月
●2008年5月

問い合わせ先

静岡市 環境局 環境創造課
電 話:054-221-1319
F A X:054-221-1492
Eメール:kankyousouzou@city.shizuoka.lg.jp