ホーム > 環境学習・環境活動・イベント情報

環境学習・環境活動・イベント情報

2017年3月21日 火曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆3月26日(日)まで、「静岡のチョウ、世界のチョウ」が開催されています!

 残り一週間!お見逃しなく!

 

 ふじのくに地球環境史ミュージアム様より、企画展「静岡のチョウ、世界のチョウ」の情報をいただきましたので、ご紹介します!

 

 チョウは、私たちの身近にいる昆虫の一つ。さまざまな色、紋様、形を持ち、古くから人々に愛されてきました。

 

 現在「ふじのくに地球環境史ミュージアム」で、静岡県に生息するチョウ141種類に加え、世界各国から選りすぐったチョウを一堂に展示する企画展「静岡のチョウ、世界のチョウ」が開催されています。

静岡のチョウ、世界のチョウ表.jpg静岡のチョウ、世界のチョウ裏.jpg

 

チラシはこちらから(PDF1.56MB)

 

展示会は、3月26日(日)まで! 

この機会に、チョウの世界に触れてみませんか?

 

【催 事 名】静岡のチョウ、世界のチョウ

【会  場】ふじのくに地球環境史ミュージアム(静岡市駿河区大谷5762(旧県立静岡南高校))

【開催期間】平成29年3月26日(日)まで

      開館時間:10時~17時30分(入館は17時まで)

      休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始

【観 覧 料】一般600円、団体500円、小学生以上大学生以下・70歳以上300円

【主  催】ふじのくに地球環境史ミュージアム

【協  力】東京大学総合研究博物館、静岡昆虫同好会、NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク

2017年2月24日 金曜日【環境学習会情報】
◆参加者募集◆3月18日(土)講演会「南アルプスを知ろう!」が開催されます!

  今の季節、静岡市の奥に白い姿を見せる南アルプス。

 

 3月18日(土)に、静岡市の宝である南アルプスをテーマにした講演会が開催されます!

 

 タイトルは、”古から未来まで”「第11回 南アルプスを知ろう!」。

 

 南アルプスの広大な森林における、江戸時代以降の開発と自然保護の歴史や、固有種をはじめとした南アルプスの昆虫の話など、他では聞けない内容となっています!

 第11回南アルプスを知ろう!おもて第11回南アルプスを知ろう!うら

チラシはこちらから(PDF1.41MB)

 

入場無料、申し込み不要で、気軽にお越しいただけます。

 

この機会に、南アルプスの新たな一面に触れてみませんか?

ぜひ、ご参加ください!


        

【催事名】第11回「南アルプスを知ろう!」講演会

【日 時】平成29年3月18日(土)13:30~16:00(開場13:00~)

【会 場】もくせい会館(静岡市葵区鷹匠3-6-1)

      ※来場には、公共交通機関をご利用ください。

【内 容】

(1)南アルプスの昔 

  近田 文弘 氏(国立科学博物館名誉研究員)

  ・多様で豊富な南アルプスの植物群落や高山域に及ぶ広大な森林について、江戸時代以降の

  森林開発と自然保護の歴史をお話しします。

(2)南アルプスにおける昆虫相調査

  岸本 年郎 氏(ふじのくに地球環境史ミュージアム准教授)

  ・固有種の昆虫をはじめとする興味深い南アルプスの昆虫について、現地調査の様子を含めて

  ご紹介します。
 

【参加費】無料

【申込み】事前申込不要、当日会場受付

【主 催】静岡県・南アルプス高山植物保護ボランティアネットワーク

【後 援】静岡市・NPO法人日本高山植物保護協会静岡支部

【問合せ】静岡県自然保護課 054-221-3498

2017年2月24日 金曜日【環境学習の実績・成果】
◆イベント報告◆平成29年2月18日(土)MARK IS静岡で省エネイベントを開催しました!

みなさん、「省エネ」を心がけていただいているでしょうか?

 

2月18日(土)に、MARK IS静岡様と連携し、3階イベントスペースで省エネイベントを開催しました!

”冬もお得な省エネ対策!”ということで、参加者に「見て」、「触って」、「比べて」実際に体験してもらうことで、省エネ、・節電効果をPRしました!

MARKIS省エネイベント290218

 

当日の様子など、詳しくはこちらからご覧ください!

 

そろそろ春も近くなりましたが、省エネで自分にも環境にも優しくして過ごしましょう!

2017年2月22日 水曜日【教材・資料】
【募集】(公財)イオン環境財団「生物多様性日本アワード」

公益財団法人イオン環境財団さんが主催する「生物多様性日本アワード」の応募が開始されました!

 

「生物多様性日本アワード」とは、日本在住の団体・個人による、生物多様性の保全と持続可能な利用に資する優れた取組を、グランプリおよび優秀賞として選出し、顕彰するものです。

 

2010年COP10において採択された「愛知ターゲット」や、2011年にスタートした「国連生物多様性の10年」を推進するため、そして私たちの緑の地球を次世代に引き継ぐために、公益財団法人イオン環境財団さんが開催しており、2009年から、2年に1回実施され、今回が5回目になります。

 

グランプリ受賞者(1件)には表彰状と副賞200万円が、優秀賞(4件)には表彰状と副賞100万円がそれぞれ贈呈されます。

 

ぜひ、ご応募ください!

 

 

第5回 生物多様性日本アワード

 

【主催】

 公益財団法人イオン環境財団

 

【後援】

 環境省、国連生物多様性の10年日本委員会

 

【顕彰内容】
 グランプリ1件(副賞200万円)
 優秀賞4件(副賞100万円)

 

【対象となる取組】

(1)生物多様性の保全

 森林、河川、沿岸域等の生態系の保全、野生生物の保護や生息・生育地の保全、保護地域等の自然再生・維持管理、ならびに、それらの地域の有機的なつながりの確保に寄与する取り組みおよびそれらに関する研究開発

(2)生物多様性の持続可能な利用

 生物多様性により供給される食料・生物資材やサービス・景観等、自然の恵み(生態系サービス)の持続可能な利用に寄与する取り組みおよびそれらに関する研究開発

(3)生物多様性の普及・啓発

 生物多様性の保全と持続可能な利用に関する普及と理解促進、学習、教育等の推進に寄与する取り組みおよびそれらに関する研究開発
 

【応募資格】
 日本国内に在住する団体・組織・企業・個人であること。
 ※複数の団体・組織による協働の取組も大賞となります。

【応募方法】

 下記URLよりご確認ください。
 http://www.midoripress-aeon.net/jp/award/index.html

【応募締切】

 平成29年5月10日(水)必着

【問い合わせ先】
 公益財団法人イオン環境財団 第5回生物多様性日本アワード事務局
 Email:ef@aeon.info

2017年2月18日 土曜日【環境学習の実績・成果】
ふじえだ「環境・自然展2017」が開催されています。

平成28年2月18日(土)から、ふじえだ「環境・自然展2017」が藤枝市青島北地区交流センターで開催されています。

 

私たち静岡市環境創造課からも「ライチョウって知ってる?」と題して、ライチョウの生態や南アルプスのライチョウの現状、保護活動の取組などを紹介するブースを出展しています。

 

DSC_0601.JPG

 

 

初日は、出展団体による活動報告会が開催されました。

 

DSC_0615.JPG

 

 

2月20日(月)からは、藤枝市役所1階ロビーでの展示も始まり、2会場での開催となります。

 

藤枝市をはじめ県内中部地域を中心とした31団体の活動が紹介されていますので、ぜひご来場ください。

 

 

 

 

 ふじえだ「環境・自然展」2017

 

【日時・会場】

(1)平成29年2月18日(土)~2月28日(火) 9:00~17:00 (最終日は16:00まで)

   藤枝市青島北地区交流センター (藤枝市南新屋14-1) ※月曜休館日

 

(2)平成29年2月20日(月)~3月3日(金) 8:30~17:00 (最終日は16:00まで) 

   藤枝市役所1階ロビー (藤枝市岡出山1-11-1) ※休館日なし

 

【主催】駿河台森づくり委員会、樵(きこり)の会、みみずくクラブ

【後援】藤枝市(市民活動団体支援課、環境政策課)、ふじえだ市民活動支援センター

【問合せ】大石幸雄(駿河台森づくり委員会、樵の会会員) 電話054-644-2046

2017年2月15日 水曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆2月18日(土)みんなで守ろう!静岡市最後のニホンアカガエル

 産卵時期を迎えたニホンアカガエルの観察会と、それに続く座談会の開催案内をいただきましたので紹介します!!

 

 絶滅危惧種Ⅱ類にも指定されているニホンアカガエルを通じ、生物多様性について考えてみませんか?

みんなで守ろう!静岡市最後のニホンアカガエル

チラシはこちらから(PDF527KB)

 

ぜひ、ご参加ください!

 

 

 

【催事名】みんなで守ろう!静岡市最後のニホンアカガエル

【日 時】平成29年2月18日(土) 13:00~16:00

【集 合】静岡ふれあい健康増進館ゆらら 駐車場

【会 場】観察会 薬師の谷戸田

     座談会 静岡ふれあい健康増進館ゆらら 

【内 容】(1)ニホンアカガエルの観察会

     (2)静岡大学 加藤英明先生を交えた座談会

【参加費】無料

【人 数】30人程度

【申込み】先着順

     電話申し込み 054-248-1685(18時以降)

【持ち物】長靴か汚れてもよい靴、筆記用具

【主 催】静岡・田んぼと遊ぶ会

【共 催】静岡大学教育学部 加藤研修室

     静岡ふれあい健康増進館ゆらら

 

2017年2月02日 木曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 2月18日(土)「しずおか川自慢大賞」発表者決定!

水と緑の豊かな環境、文化、歴史を子どもたちに引き継いでいこうと活動をされている「しずおか流域ネットワーク」さんから、今回で16回目をむかえる「しずおか川自慢大賞」のお知らせをいただきました☆

 

2017kawajiman.jpg

PDFファイルはこちら(裏面に発表者一覧があります)

 

「しずおか川自慢大賞」は1年に1回開かれる川仲間の活動発表と交流の場です。

川や海、湖など水辺が大好きなみなさん!いつもどんな風に楽しんでいますか?

お互いに活動のエールを送り合う「しずおか川自慢大賞」

今年の発表者が決まりました!

ぜひ、しずおかで頑張る川仲間の発表をご覧ください☆

 

【発表団体・テーマ】

1.静岡市立大河内中学校(静岡市)
  地域体験学習を終えて ~地域の土砂災害の歴史から学ぶ~
2.特定非営利活動法人ひずるしい鎮玉(浜松市)
  ホタルの舞う里づくり&人の集う水辺づくり
3.特定非営利活動法人水辺の里まちづくりの会(浜松市)
  地域で創り、地域で守る水辺の楽校
  「天竜川いきいき探検隊」5周年記念 宵まつり
4.東海大学海洋学部水棲環境研究会(静岡市)
  1年を通して見た庵原川
5.今永正文(静岡市環境学習指導員)(静岡市)
  手作りマップで藁科川流域のお宝掘り起こし♪
6.常葉大学自然体験活動研究会、NPO法人農の楽校(富士市)
  富士市水辺探検隊
7.みずがき倶楽部(静岡市)
  少年の原体験が世界を変える!
8.ミズベリング戦隊遠江(湖西市)
  浜名湖やるキッズ!
9.静岡市環境大学(卒業生)(静岡市)
  内牧川(静岡市葵区)生きもの観察会

◆特別発表◆
Ⅰ.淡海の川づくりフォーラム実行委員会(滋賀県)
  滋賀県版の川・水辺の活動の公開選考会「淡海の川づくりフォーラム」
Ⅱ.(株)フタバコーケン(静岡市)
  伝統的蛇カゴ工法を応用した「ウナギ保護再生技術」『石倉カゴ』
  水産庁鰻生息環境支援事業 など

 

【日時】

平成29年2月18日(土)10:00~15:30 (受付9:30~)

 

【場所】

静岡科学館る・く・る

 

【内容】

水辺で活動を行う団体等の活動紹介、交流会など

 

【対象】

どなたでも(事前申込不要)

 

【参加費】

無料(ただし、静岡科学館るくるの入場料が必要です。)

 

【主催】

しずおか川自慢大賞実行委員会

しずおか流域ネットワーク

〒420-0882 静岡市葵区安東二丁目15-13

昭和設計(株)内  担当:中山

TEL:054-248-5678

FAX:054-247-6649

メール:nakayama☆shizuoka-showa.co.jp

(☆を@に変換して送信ください)

 

 

しずおか流域ネットワークのホームページはこちら

2017年1月23日 月曜日【教材・資料】
◆応募案内◆ 国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」

環境省、農林水産省、国土交通省及び国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)では、平成29年3月1日から6月15日までの期間、「グリーンウェイブ2017」への参加と協力を広く国内に呼びかけています。

 

「グリーンウェイブ」とは、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に、世界各地の青少年、子どもたちの手でそれぞれの学校や地域等で植樹等を行う活動です。

 

現在、グリーンウェイブ活動の参加登録が、専用サイトで受付開始しております。期間中に対象となる活動をする団体の方々、ぜひ、参加登録をして活動をPRしてみませんか?

(以下、主唱者のサイトからの転載です。)
 
 
 
【趣旨】
 生物多様性条約事務局は、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に、世界各地の子どもたちが学校や地域などで植樹等を行う「グリーンウェイブ」への参加を呼びかけています。
 世界各地において、5月22日の午前10時(現地時間)に植樹などを行うことにより、この活動が地球上の東から西へ波のように広がっていく様子を、「緑の波(グリーンウェイブ)」と表現しています。
 
【実施期間】
平成29年3月1日(水)から6月15日(木)まで (登録締切6月30日)
 
【主唱】
環境省、農林水産省、国土交通省、国連生物多様性の10年日本委員会
 
【実施事項】
1.グリーンウェイブ活動の計画及び実施
2.本ウェブサイトからの登録及び結果報告
 
【グリーンウェイブ活動】
森林や樹木等とのふれあいを通じて生物多様性の理解や普及啓発につながるグループ・団体活動です。具体的には以下の通りです。
① 植樹
② 森林や樹木等の保全、手入れ(植樹した樹木への水やり、里山の管理等)
③ 森林や樹木等とふれあう活動(イベント等)
④ ①~③の活動のための苗木・資材の提供
⑤ ①~③の活動のための場所の提供
⑥ ①~③の活動のための技術指導や情報提供
⑦ ①~⑥の活動のための協賛等、行事への協力
⑧ グリーンウェイブ活動の呼び掛け、とりまとめ
⑨ その他
 
【参加登録について】
 グリーンウェイブ活動にご参加いただけるグループ・団体は「グリーンウェイブ2017」ウェブサイトで参加登録を行ってください。
「グリーンウェイブ2017」ウェブサイト http://greenwave.undb.jp/
2017年1月20日 金曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 3月17日(金) 森林(もり)の講演会【3月】森林と社会

静岡の登山文化や森林文化、里山文化の向上や発展を目指して活動する「NPO法人静岡山の文化交流センター」さんから、講演会の開催案内をいただきましたので紹介します!!

ぜひ、ご参加ください!

 

20170317yamanobunka.jpg

チラシはこちら(PDF:790KB)

 

 

【催事名】森林(もり)の講演会 3月

【テーマ】森林と社会

【日 時】平成29年3月17日(金) 午後1時~5時

【会 場】静岡商工会議所5階ホール (静岡市葵区黒金町20-8)

【内 容】

(1)森の未来、社会の未来 

   内山節氏(哲学者、元立教大学大学院教授)

(2)日本林業の可能性を探る -その自然性・歴史・未来-

   田中正則氏(元国土緑化推進機構専務理事)

【参加費】1,000円

【申込み】事前申込不要、当日会場受付

【主 催】NPO法人静岡山の文化交流センター

【後 援】静岡県、静岡市、静岡県森林組合連合会、静岡商工会議所

【協 賛】日星電気、寸又峡翠紅苑、中外製薬

【問合せ】090-1417-2423(尾崎)

2017年1月20日 金曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 2月24日(金) 森林(もり)の講演会【2月】南アルプスの山と森林

静岡の登山文化や森林文化、里山文化の向上や発展を目指して活動する「NPO法人静岡山の文化交流センター」さんから、講演会の開催案内をいただきましたので紹介します!!

ぜひ、ご参加ください!

 

20170224yamanobunka.jpg

チラシはこちら(PDF:730KB)

 

 

【催事名】森林(もり)の講演会 2月

【テーマ】南アルプスの山と森林

【日 時】平成29年2月24日(金) 午後1時~5時

【会 場】静岡商工会議所5階ホール (静岡市葵区黒金町20-8)

【内 容】

(1)南アルプスと井川への想いを語る -山岳トレイルラン経験を通して-

   望月将悟氏(日本山岳縦断トレイルラン優勝4回記録保持者、静岡市消防局山岳救助隊)

(2)南アルプスの自然と歴史

   内海登氏(北海道大学農学部林学科卒、元東海フォレスト社長)

【参加費】1,000円

【申込み】事前申込不要、当日会場受付

【主 催】NPO法人静岡山の文化交流センター

【後 援】静岡県、静岡市、静岡県森林組合連合会、静岡商工会議所

【協 賛】日星電気、寸又峡翠紅苑、中外製薬

【問合せ】054-246-2921(内海)

Copyright (C) SHIZUOKA CITY All Rights Reserved.

検索

新着記事

リンク

静岡市
環境局のページ
自然環境マップ
清流の都・静岡創造推進協議会
南アルプス情報
静岡県
環境学習ホームページ
ふじのくにゆうゆうnet
環境局水利用課
環境省
環境省
環境活動団体
静岡市消費者協会
静岡県環境カウンセラー協会
アースライフネットワーク
しずおか環境教育研究会
(エコエデュ)

参加団体
静岡市 清流の都創造課
●住みよい東新田にする会
しずおか市消費者協会
静岡市 収集業務課
静岡市 生涯学習課
静岡市 河川課
静岡県フィッシング
 インストラクター協会

ホールアース自然学校
静岡市環境総務課
静岡市農林総務課
NPO法人フードツーリズム研究所

過去の記事

問い合わせ先

静岡市 環境局 環境創造課
電 話:054-221-1357
F A X:054-221-1492
Eメール:kankyousouzou@city.shizuoka.lg.jp