ホーム > 環境学習・環境活動・イベント情報

環境学習・環境活動・イベント情報

2016年6月17日 金曜日【教材・資料】
【募集】環境省「グッドライフアワード」

環境省より、今年で第4回を迎える「グッドライフアワード」の募集開始のお知らせをいただきましたので紹介します☆

 

グッドライフアワード(Good Life A ward)は、持続可能な社会の実現を目指し、一人ひとりが現在のライフスタイルを見つめ直すきっかけを作るため、「環境や社会に良い暮らし」やこれを支える取組(ボランティア活動、サービス・技術など)を募集・応援する事業です。

 

このアワードでは、地域や個人、企業などで実践されている“良い暮らし”やこれを支える取組を募集します。

このたび、第4回の募集を開始しましたのでぜひご覧ください。

ウェブサイトはこちら

受賞したグッドライフな取組は、ウェブサイト等を通じて広く国民の皆様にアピールできますので、ぜひご応募ください!

 

goodlife.jpg

 

【応募資格】

「環境と社会によい暮らし」を実現するための活動に取り組む、日本国内のNPO、企業、任意団体、自治体、個人等

 

【審査方法】

応募いただいた取組の中から、実行委員会にて環境大臣賞候補を決定。
サイト上の投票ページにて公開し、国民投票を実施します。
国民投票等の結果を踏まえ、表彰式当日に行う実行委員会等で各賞を決定します。

 

【審査などの予定】

応募締め切り/9月30日(金)

実行委員会にて環境大臣賞候補を決定/10月下旬

ウェブサイト上で国民投票/11月(約3週間)

表彰式・シンポジウム開催/12月上旬
※受賞者には、12月上旬のシンポジウム・表彰式にて、活動内容をご紹介いただきます。
その模様は公式サイトで紹介いたします。

 

【問合せ先】

グッドライフアワード事務局
TEL:03-6804-3858 (9:30~17:30)
info@goodlifeaward.jp

2016年6月17日 金曜日【教材・資料】
【募集】いきものにぎわい企業活動コンテスト(企業の生物多様性保全等実践活動顕彰)

企業の生物多様性保全のための実践活動をみんなに知って欲しい!!

 

いきものにぎわい企業活動コンテスト実行委員会事務局の(公財)水と緑の惑星保全機構さんから、「第5回いきものにぎわい企業活動コンテスト(企業の生物多様性保全等実践活動顕彰)」の募集案内をいただきましたので紹介します☆

 

企業が、その社員や家族、あるいは地域社会や市民団体等と一緒になって取り組んでいる、森づくりや里山や棚田を保全・再生、希少種の育成、豊かな生態系の森や田んぼの産品を優先的な購入等、豊かな生物多様性の保全や持続的な利用等の活動が対象です。

 

ぜひご応募いただき、皆様の活動と静岡の豊かな自然をPRしてください☆

 

ikimono.jpg

チラシはこちら(PDF)

 

 

【募集要項、エントリーシート】

主催者ホームページよりダウンロードください。

 

【募集締切】

平成28年8月31日(水) 実行委員会事務局必着

 

【主催】

いきものにぎわい企業活動コンテスト実行委員会
(公社)国土緑化推進機構

(公社)日本アロマ環境協会/(公財)水と緑の惑星保全機構
地球環境行動会議(GEA)
 

【後援】
環境省

農林水産省
 

【協力】
アステラス製薬株式会社

株式会社ローソン(ローソン緑の募金)
公益財団法人損保ジャパン日本興亜環境財団

公益信託富士フイルム・グリーンファンド

 

【問合せ先】

〒105-0003 東京都港区西新橋1-1-3 4F
(公財)水と緑の惑星保全機構内
いきものにぎわい企業活動コンテスト実行委員会事務局
℡:03-3509-9733 fax:03-6206-1125
E-mail: ikimono-nigiwai@mizumidori.jp

2016年6月17日 金曜日【教材・資料】
【作品募集】静岡県こども環境作文コンクール(募集期間6/20~9/7)

静岡県から、静岡県が(株)静岡新聞社・静岡放送(株)との共催により実施する「こども環境作文コンクール」の案内をいただきましたので紹介します☆

 

「こども環境作文コンクール」は、次世代を担う小中学生を対象に、環境問題に対する関心を高め、理解を深めることを目的に毎年実施しているものです。
(後援:静岡県教育委員会、静岡市教育委員会、浜松市教育委員会)

ぜひ、お子様やまわりの方への周知にご協力をお願いいたします!

(以下、静岡県ホームページより転記)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

1課題                                                                                                       自らの学習・体験を通して環境を考える。(題名は自由)

 

2応募資格                                                                                                      県内の小・中学校に通う児童・生徒

 

3応募様式
ア小学生:400字詰め原稿用紙3枚程度
イ中学生:400字詰め原稿用紙5枚程度

 

4応募方法                                                                                                    各学校経由で応募または個人で応募 

 

5応募期間

平成28年6月20日(月曜日)~9月7日(水曜日):当日消印有効

 

6表彰作品
【最優秀賞】静岡県知事賞:小学生、中学生各1作品
【最優秀賞】(株)静岡新聞社・静岡放送(株)賞:小学生、中学生各1作品
【優秀賞】静岡県教育委員会教育長賞:小学生、中学生各5作品
【佳作】小学生、中学生各15作品以内

 

7応募要領及び応募用紙
静岡県ホームページよりダウンロードしてください。

 

8主催、後援

主催:静岡県、株式会社静岡新聞社・静岡放送株式会社

後援:静岡県教育委員会、静岡市教育委員会、浜松市教育委員会 

 

9問合せ先

〒 420-8601  静岡市葵区追手町9番6号

静岡県くらし・環境部 環境局 環境政策課 企画班

TEL:054-221-2919  FAX:054-221-2940

2016年6月17日 金曜日【教材・資料】
【助成金案内】日本山岳遺産基金 山岳遺産候補地の募集について(8/31まで)

日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために山と渓谷社が設立した基金「日本山岳遺産基金」から、山域を守るための活動を行う団体の募集案内をいただきましたので紹介します☆

 

日本山岳遺産基金では、特定の山域を「日本山岳遺産」に認定し、その地域で山岳環境保全などの活動をされている団体に、助成金の拠出及び広報による支援を行っています。

2016年度の助成金総額は200万円。

みなさまからのご応募をお待ちしております。

(申請受付:平成28年8月31日まで)

 

 

山岳遺産基金.jpg

 

 

●申請の条件、助成金の用途として認められる活動、申請方法について

 (PDFチラシデータ)

「日本山岳遺産基金」のホームページはこちら

 

2016年5月31日 火曜日【】
◆イベント情報◆ 6月19日(土) 第10回「南アルプスを知ろう!」講演会
2016年5月31日 火曜日【】
◆イベント情報◆ 6月3日(金) ビオトープフォーラムin静岡2016-人と生物のための生態系インフラー

ビオトープフォーラムin静岡2016の開催について案内がありましたので、紹介します。

 20160531114438-0001.jpg

20160531114446-0001.jpg

 

 

詳しくはこちらから:チラシ20160531114918.pdf

 

【催事名称】ビオトープフォーラムin静岡2016-人と生物のための生態系インフラ―

【開催日時】平成28年6月3日(金) 13:00~16:45(受付12:30~)

【開催場所】静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 大会議室

       静岡市駿河区馬淵1-17-1

【参 加 費】無料

【申  込】特定非営利活動法人 日本ビオトープ協会 本部事務局あてにメール・FAXで

      申し込みください。 

      E-mail:honbu@biotope.gr.jp FAX:03-6304-1651

【備  考】フォーラム後、交流会も予定されています。くわしくは、チラシをご覧ください。

 

2016年5月18日 水曜日【教材・資料】
「南アルプス写真展」アカデ美和で開催中!

静岡市の奥にある宝物「南アルプス」って、どんなところでしょうか?  

 

 北部生涯学習センター美和分館「アカデ美和」2階ホールで、南アルプスの魅力を紹介する写真展を開催しています。

 

 平成26年にユネスコエコパークに登録された南アルプスですが、静岡市の最北部に位置することもあって、どんな場所かイメージがわかない方もいるのではないでしょうか?

 

 写真展では、南アルプスにある山小屋のスタッフが厳選した写真を展示しています。標高3,000m級の山々が連なる南アルプスの懐に抱かれた、美しい自然の姿をご覧ください。

 IMGP4871.JPG

 会場に入ると、南アルプスのジオラマが皆さんをお出迎え。普段はなかな目にすることができない南アルプスの全容を見ることができます。

IMGP4865.JPG

 また、南アルプスのシンボルであるライチョウの模型やパネルも展示。国の特別天然記念物であるライチョウについて知ることができます。

 

 さらに、会場にあるアンケートにご協力いただいた方には、もれなくさくらももこ氏のポストカードをプレゼント!  

DSC_3256.JPG 

 写真展は、5月31日まで開催しています。この機会に、是非南アルプスの魅力にふれてみてください!

 

【開催期間】  平成28年5月2日(月)~5月31日(火)

 

【開催場所】  〒421-2113 静岡市葵区安倍口団地5番1号        

         北部生涯学習センター美和分館(アカデ美和)  2階ホール

 

【入 場 料】  無料

 

【問合わせ】  静岡市環境局環境創造課エコパーク推進係

          Tel:054-221-1357

2016年5月16日 月曜日【環境学習の実績・成果】
◆開催報告◆静岡市ふれあい健康増進館ゆららでオオキンケイギク学習会・駆除活動を行いました!

平成28年5月14日(土)、静岡市ふれあい健康増進館ゆららで、静岡市環境学習指導員、静岡市環境大学受講生、(一財)静岡市環境公社の皆さんがオオキンケイギク学習会・駆除活動を行いました。

 

5月も中旬となりこの日は、ゆららの法面にもたくさんのオオキンケイギクの花が咲いていました。

まずは、オオキンケイギクの見分け方や特徴を確認し、駆除作業に取り掛かりまました。

 

 IMGP4883.JPG

 

オオキンケイギクは、残された根茎から容易に再生をしてしまうので、丁寧に抜き取る必要があります。

 

IMGP4886.JPG

 

また、今回は、単に駆除活動を行うのではなく、茎の部分を乾燥させ、紙すきとして再利用し、環境学習にも取り組む試みを計画しています。

拡散を防止するために、花と根の部分は確実に取り除き、茎の部分のみを再利用します。

 

IMGP4887.JPG

 

約2時間の作業で、法面1箇所の駆除作業が完了しました。

 

IMGP4906.JPG

 

IMGP4900.JPG

 

 紙すきに活用する茎の部分もたくさん集まりました。

 

IMGP4902.JPG

 

紙すきの学習会は秋に計画しているそうですが、どのような紙ができるか楽しみですね!

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

オオキンケイギクを根絶するためには、毎年やっても数年かかってしまいます。
ぜひ、今後とも継続した活動をお願いいたします。

 

2016年5月09日 月曜日【】
【参加者募集】2016.5.14「大浜の海浜植物観察会」

海辺本来の“美しい自然”と“人の集まる”海辺づくりを目的に活動している「静岡・海辺づくりの会」さんから、大浜海岸周辺の海浜植物観察会について、案内がありましたので、紹介します。

 

駿河区の下島公民館から大浜海岸周辺を歩いて、植物を見つける観察会です。

ふだん何気なくみている植物の名前や特徴をいっしょに見つけてみよう!

大浜の海浜植物観察会(画像).jpgのサムネイル画像

 2016 大浜の海浜植物観察会.pdf

 

【催事名称】大浜の海浜植物観察会

【開催日時】平成28年5月14日(土) 9:00~11:30

【集合場所】下島公民館(静岡市駿河区下島934)

【参 加 費】1人100円(保険料、資料代)

【対  象】20組限定!※小学生以下は保護者同伴

【申  込】5月12日(木)までにFAXまたはメールで申込書(ちらしに書式有)を送付。※締切間近

       FAX:054-263-6341  MAIL:idatch@za.tnc.ne.jp

【雨 天 時】下島公民館で植物のお話

【備  考】持ち物はおまかせです。(飲み物、メモ、帽子や防寒具、カメラ、植物図鑑など適宜)

      川沿いや海辺を歩くため、歩きやすい靴で参加しましょう。

 

 

 

 

2016年4月18日 月曜日【環境学習の実績・成果】
◆開催報告◆奥藁科・大川坂ノ上でオオキンケイギク駆除作業(町内清掃活動)を行いました!

平成28年4月17日(日)、静岡市葵区 奥藁科・大川地区坂ノ上町内会で、地域の皆さんによる特定外来生物「オオキンケイギク」の駆除作業が実施されました!

 奥藁科・大川地区の坂ノ上町内は、静岡市街地から車で約40分、藁科川の上流にある豊かな自然の残る山間の地域です。

 

 5~6月の素晴らしい新緑の時期に、近年オオキンケイギクが繁殖しているという情報があり、自分たちのまわりの自然を守ろうと、地域の住民の方々で平成24年度から、駆除活動を実施しております。
 
 

 この駆除活動を通して、坂ノ上の地域の皆様がオオキンケイギクに注目してくれるようになり、オオキンケイギクの株を見かけた都度、抜いてくれています。

 

例年5月下旬に駆除作業をやっていましたが、今年は、株が成長する前に駆除してしまおうということで、例年より約1か月早く実施しました。

 この日は、生憎の雨天にもかかわらず、町内の皆さま方15名により駆除作業が行われました。

 
DSCN0068.JPG DSCN0072.JPG
 
 
 
雨の中、約1時間の活動で、徹底した駆除活動が実施できました!坂ノ上町内会の皆さま、本当にありがとうございました。
 
 DSCN0075.JPG DSCN0076.JPG
 
  
 オオキンケイギクの種子は、土の中で数年眠った後に発芽するものもあるとのこと。根絶するためにはまだ数年かかると思います。
 ぜひ、今後とも継続した活動をお願いいたします。
Copyright (C) SHIZUOKA CITY All Rights Reserved.

検索

新着記事

リンク

静岡市
環境局のページ
自然環境マップ
清流の都・静岡創造推進協議会
南アルプス情報
静岡県
環境学習ホームページ
ふじのくにゆうゆうnet
環境局水利用課
環境省
環境省
環境活動団体
静岡市消費者協会
静岡県環境カウンセラー協会
アースライフネットワーク
しずおか環境教育研究会
(エコエデュ)

参加団体
静岡市 清流の都創造課
●住みよい東新田にする会
しずおか市消費者協会
静岡市 収集業務課
静岡市 生涯学習課
静岡市 河川課
静岡県フィッシング
 インストラクター協会

ホールアース自然学校
静岡市環境総務課
静岡市農林総務課
NPO法人フードツーリズム研究所

過去の記事

問い合わせ先

静岡市 環境局 環境創造課
電 話:054-221-1357
F A X:054-221-1492
Eメール:kankyousouzou@city.shizuoka.lg.jp