環境学習・環境活動・イベント情報

2020年9月29日 火曜日【環境学習の実績・成果】
静岡市・東海大学 連携事業「プランクトン観察会」を開催しました!

9月22日(火)に、静岡市役所清水庁舎にて静岡市・東海大学連携事業「プランクトン観察会」を開催しました!

 

プランクトン観察会は、目に見えない生き物(微生物)が存在していることを知り、プランクトンを含む様々な生き物が私たちの生活を支えていることを学ぶことによって、環境保全の意識を育んでもらうことをねらいとして毎年実施しています。

 

今年はコロナウイルス感染拡大を受け、募集人数を減らし、アルコール消毒やマスクの着用を徹底したうえで開催しました。

 

観察会には小学1年生から6年生までの児童と保護者を含めた30人が参加しました。

 

まず、「清水魚市場 河岸の市」の裏手の岸壁へ、プランクトン採取に向かいました。

IMGP0004.JPG   IMGP0017.JPG

プランクトンネット(写真右)を使って、海水からプランクトンをこし取ります。

子ども達は採取した海水の中にどんな生き物がいるのか、興味深々でした!

 

その後、清水庁舎へ移動し、東海大学の松浦弘行准教授による「プランクトンって何?」、秋山信彦教授による「魚やエビも子どもはプランクトン、食物連鎖の話」について講義をしていただきました。

講義1.JPG   講義2.JPG

子どもたちは、講義を聞きながら目に見えない微生物の世界に引き込まれている様子でした。

 

いよいよプランクトンの観察です!

プランクトン観察.JPG   観察 皿.JPG

目で見ることができない生物がどんな姿をしているのか?、どんな動きをしているのだろう?といったように、

子どもたちは各々の興味と疑問を持ちながら、夢中になって顕微鏡で観察をしていました!

 

その後、石井洋准教授による「微生物による下水処理の話」について講義をしていただきました。 

下水処理の話.JPGのサムネイル画像

 

東海大学の皆さんの講義とプランクトンの観察により、参加してくださった方は楽しみながら知識と体験の両方を得ることができたのではないでしょうか。

今後も、東海大学と連携した学習会を開催する予定です。ぜひご参加ください!

2020年9月25日 金曜日【教材・資料】
◆環境学習ハンドブック◆最新号『みんなで減らそう!食品ロス』を発行しました!

環境創造課では、毎年静岡市の豊かな自然環境や近年話題となっている環境問題等をテーマに「環境学習ハンドブック」を発行しています。

 

今年度の新たな環境学習ハンドブックとしてみんなで減らそう!食品ロスを発行しました!

A5表面.jpg1ページ目.jpg

 

静岡市における食品ロス(食べ残し、直接廃棄、過剰除去など)はなんと年間約11,600トン(2019年)

これは2ℓのペットボトル580万本分にもなります。

食品ロスは世界的な問題でもあり、世界全体では、年間約13億トンもの食べ物が捨てられています。これは、世界の農作物の約3分の1の量に相当します。

私たちが普段何気なく捨ててしまっている食品が、食品ロスという世界的な問題を生んでいます。

 

今回の環境学習ハンドブック作成にあたって、

子どもたちにも『食品ロス』が身近な問題であり、自分の日常生活と直接関係していることを知ってもらいたい。

そして『食品ロス』という問題に対して、自分たちに何かできることがないかを考え、行動に移してもらいたい。

という思いを込めて作成しました!

 

ぜひ授業やご家庭での学習ご活用ください。

 

♦お問い合わせ♦

環境創造課自然ふれあい係  電話:054-221-1319

※冊子は無料で配付しています。在庫に限りがありますので必要な方はお問い合わせください。

ホームページにバックナンバー&環境学習ハンドブックをPDFで掲載しています。

こちらから⇒https://www.city.shizuoka.lg.jp/041_000142.html

 

バックナンバー1.png    バックナンバー2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2020年9月16日 水曜日【環境学習会情報】
♦参加者募集中♦10月4日(日)「外来生物ってなんだろう?」

みなさん、「外来生物」をご存知ですか?

「外来生物」という言葉は聞いたことがあるが、その意味するところまでは知らないという方が多いと思います。

 

今回の講和では、外来生物についてより理解を深めていただくために、

・どんなものが外来生物なのか?

・外来生物はどうやってやってきたのか?

・静岡市にいる外来生物は、どんなものがいるのか?

・外来生物が生息することで、その周辺の環境にどのような影響があるのか?

といった内容を中心に、クイズ形式を交えながら講和を行っていきます!

 

外来生物を知ることは、身の周りの自然や環境に興味・関心を持つきっかけに必ずなります!

 

外来生物ってなんだろう?.jpg

「外来生物ってなんだろう?」のチラシはこちらから.pdf

 

◆講話「外来生物ってなんだろう?」概 要◆

 

 

【日  時】  令和2年10月4日(日) 10:00~11:30

 

 

【会  場】  静岡市東部生涯学習センター 第3集会室

        (静岡市葵区千代田七丁目8-15)

 

 

【講  師】  静岡市環境創造課自然ふれあい係 職員

          

 

【対  象】  小学生と保護者20人(申込順)

 

 

【参 加 費】   無料

 

 

【申 込】     電話で東部生涯学習センターへお申し込みください。

 

        静岡市東部生涯学習センター 

        TEL:054-263-0338

 

 

【問 合 せ】  静岡市東部生涯学習センター

        〒420-0803

        静岡市葵区千代田七丁目8-15

        電話:054-263-0338

           ホームページはこちら

        休館日:月曜日、祝日

 

 

 

※新型コロナウイルスの感染症対策について

 

①新型コロナウイルス感染症の状況によっては、講座を中止することがあります。

 

②講座にご参加いただく際にはマスクの着用をお願いいたします。

 

③当日、受付で健康チェックシートをご記入いただきますので、ご自宅で検温をお願いします。また、講座当日から過去2週間において以下の事項に一つでも該当する場合は参加をご遠慮ください。

 

⑴37.5度以上の発熱または平熱より1度以上高い場合

⑵息苦しさ・強いだるさ、咳・のどの痛み等の症状がある場合

⑶新型コロナウイルス感染症陽性と判明された方との濃厚接触

⑷感染が疑われる同居家族や身近な知人の有無

⑸海外や感染が引き続き拡大している地域への訪問歴・当該国・地域在住者との濃厚接触

 

④感染者が発生した場合など、必要に応じて保健所の公共機関へ氏名、連絡先等を提供することがあります。

 

 

 

 

 

2020年9月14日 月曜日【環境学習の実績・成果】
令和2年度 麻機遊水地カメ捕獲調査の結果

静岡市では、平成26年度に麻機遊水地第4工区で、カミツキガメが捕獲されたことをきっかけに翌年の平成27年度からワナを使ったカミツキガメの捕獲調査を実施しています。

 

今回の調査は、静岡大学の加藤英明先生をはじめ、静岡大学の学生さん、静岡北中学校・高等学校の生徒の皆さんにご協力いただきました。

大変暑い中、調査に協力いただきありがとうございました。

※例年、調査には、市民調査員を募集していましたが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大をうけ、市民調査員の募集は行ないませんでした。

 

今回で6回目となる調査を実施しましたので、その結果を紹介します。

ワナを106個設置し、164個体のカメを捕獲することができました。

特定外来生物のカミツキガメは捕獲されませんでした。

 

全体で捕獲したカメの個体数は、昨年度の129個体よりも多く、外来種のミシシッピアカミミガメは約19%(31匹)となり、昨年度の20%(24匹)と比較すると、割合は減りましたが、個体数は増加しました。

 

在来種のニホンスッポンの捕獲個体数も微増している一方で、在来種のニホンイシガメは昨年に引き続き、捕獲数はゼロでした。

 

麻機遊水地第4工区におけるカメ全体の繁殖が確認できましたが、静岡県のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されているニホンイシガメの繁殖が確認できなかったことからも、今後在来種が生息しやすい環境を保全し、創りだしていくためにも市では継続した捕獲調査を実施する予定です。

<調査結果>

2020年 カメパネル2 .jpg

<捕獲場所>

捕獲結果(地図上).jpg

 

<こちらからPDFデータもご覧いただけます>

調査報告.pdf

捕獲場所.pdf

 

2020年9月01日 火曜日【環境学習の実績・成果】
登呂遺跡の復元水田にてジャンボタニシの一斉捕獲を行いました!
みなさん「ジャンボタニシ」をご存じですか?
別名「スクミリンゴガイ」とも呼ばれる、南米原産の外来生物の淡水性巻貝になります。
 
 
ジャンボタニシ成体.JPG      ジャンボタニシ卵.JPG
   <ジャンボタニシ>           <ジャンボタニシの卵> 
                            ※環境省のHPより
 
 
近くの田んぼや池や沼で見かけたかたも多いのではないでしょうか?
1980年代に食用として輸入したものが、放棄されたり養殖場から逃げ出したことにより現在野生化し田んぼ等に住みついています。
 
 
柔らかい葉を好んで食べるため、移植後の苗を食べてしまうなど、農作物への食害問題等を引き起こしています。
 
 
登呂遺跡の復元水田では赤米を栽培していますが、登呂遺跡でもジャンボタニシが増殖し、対応に苦慮しているため、今回、静岡大学の加藤先生及び学生をはじめとして、静岡北中学校の教員及び学生の皆さんと一斉駆除を行いました!
 
                  
現場写真.JPG
 
  <登呂遺跡復元水田にて>
 
 
ジャンボタニシはタモで捕獲します。
タモを結ぶ.JPG      ジャンボタニシ捕獲.JPG
写真に写っているように、タモは先端を結んでジャンボタニシを捕獲しやすくしています。
 
 
 
ジャンボタニシの卵は塊になっており、ピンク色をしています。草や用水路の壁に卵を産みます。
駆除の方法としては、長い棒等で草や壁から引き離し、水につけることによって駆除できます。
ジャンボタニシの卵は水中では孵化できず、死滅するからです。
IMGP0033.JPG      卵を落とす.JPGのサムネイル画像
 
 
1時間程度の作業で、ジャンボタニシはなんと660匹捕獲されました!
タニシ捕獲一覧.JPG
 
 
ジャンボタニシは土の中に潜っている場合もあるため、今回の一斉捕獲で全てのジャンボタニシを捕獲できたわけではありません。
登呂遺跡復元水田内の生態系の維持のためにも継続的な駆除が必要です。
Copyright (C) SHIZUOKA CITY All Rights Reserved.

検索

新着記事

リンク

静岡市
環境局のページ
自然環境マップ
清流の都・静岡創造推進協議会
南アルプス情報
静岡県
環境学習ホームページ
ふじのくにゆうゆうnet
環境局水利用課
環境省
環境省
環境活動団体
静岡市消費者協会
静岡県環境カウンセラー協会
アースライフネットワーク
しずおか環境教育研究会
(エコエデュ)

参加団体
静岡市 清流の都創造課
●住みよい東新田にする会
しずおか市消費者協会
静岡市 収集業務課
静岡市 生涯学習課
静岡市 河川課
静岡県フィッシング
 インストラクター協会

ホールアース自然学校
静岡市環境総務課
静岡市農林総務課
NPO法人フードツーリズム研究所

過去の記事

●2020年10月
●2020年9月
●2020年8月
●2020年7月
●2020年6月
●2020年4月
●2020年3月
●2020年2月
●2020年1月
●2019年12月
●2019年11月
●2019年10月
●2019年9月
●2019年8月
●2019年7月
●2019年6月
●2019年5月
●2019年4月
●2019年3月
●2019年2月
●2019年1月
●2018年12月
●2018年11月
●2018年10月
●2018年9月
●2018年8月
●2018年7月
●2018年6月
●2018年5月
●2018年4月
●2018年3月
●2018年2月
●2018年1月
●2017年12月
●2017年11月
●2017年10月
●2017年9月
●2017年7月
●2017年6月
●2017年3月
●2017年2月
●2017年1月
●2016年12月
●2016年11月
●2016年9月
●2016年8月
●2016年6月
●2016年5月
●2016年4月
●2016年3月
●2016年2月
●2016年1月
●2015年12月
●2015年11月
●2015年10月
●2015年9月
●2015年8月
●2015年7月
●2015年6月
●2015年5月
●2015年4月
●2015年3月
●2015年2月
●2015年1月
●2014年12月
●2014年11月
●2014年10月
●2014年9月
●2014年8月
●2014年7月
●2014年6月
●2014年5月
●2014年4月
●2014年3月
●2014年2月
●2014年1月
●2013年12月
●2013年11月
●2013年10月
●2013年9月
●2013年8月
●2013年7月
●2013年6月
●2013年5月
●2013年4月
●2013年3月
●2013年2月
●2013年1月
●2012年12月
●2012年11月
●2012年10月
●2012年9月
●2012年8月
●2012年7月
●2012年6月
●2012年5月
●2012年4月
●2012年1月
●2011年12月
●2011年9月
●2011年7月
●2011年6月
●2011年2月
●2011年1月
●2010年12月
●2010年11月
●2010年10月
●2010年9月
●2010年5月
●2010年4月
●2010年2月
●2010年1月
●2009年12月
●2009年11月
●2009年10月
●2009年9月
●2009年7月
●2009年6月
●2009年5月
●2009年3月
●2009年2月
●2009年1月
●2008年11月
●2008年10月
●2008年8月
●2008年5月

問い合わせ先

静岡市 環境局 環境創造課
電 話:054-221-1319
F A X:054-221-1492
Eメール:kankyousouzou@city.shizuoka.lg.jp