2015年8月03日 月曜日

朝型勤務「打ち水・あいさつ大作戦!」~心も地球も爽やかに~

本市では、今日から「朝型勤務」の試行が始まりました。

職員は、希望により、業務が可能な範囲で、通常の勤務より1時間又は30分早めて出勤します。

環境局では、気持ちよく爽やかに朝型勤務に取り組んでもらえるよう、静岡庁舎玄関付近で「打ち水・あいさつ大作戦!」を実施しました。

 

今日は朝から蒸し暑く、打ち水を始める8時にはすでに気温も31℃に達していましたsun

IMGP3212.JPG

 

8時から職員が一斉に打ち水を開始しましたsweat01sweat01

IMGP3203.JPG

 

IMGP3208.JPG

 

「打ち水・あいさつ大作戦!」は、8月7日(金)まで毎日実施します。

この取組みをヒートアイランド対策や地球温暖化について考えるきっかけにしてもらえると幸いです。

 

また、平成27年7月23日(木)大暑~8月23日(日)処暑は、「全国打ち水強化月間!」です。

静岡市では、市内の事業所の皆様にも打ち水の実施を呼びかけています。

 

打ち水は、ほこりをしずめたり、涼を得るために江戸時代から行われている庶民の知恵です。

今年も地面に水をまいて涼しさを呼び、しずおかの暑い夏を乗り切りましょう!  

 

 

❉打ち水の効果とは?❉

打ち水をすると、「気化熱」によって地面の熱が大気中に逃げていきます。

「気化熱」とは、水が気体になるときに周囲から吸収する熱のことです。

水が蒸発するためには熱が必要になります。

その熱は、水が接しているもの(つまり、地面)から、うばっていきます。

これが、打ち水によって涼しくなる理由です。

(打ち水大作戦本部ウェブサイト「打ち水大作戦2015」より) 

 

このページのトップへ戻る