セミ科
ニイニイゼミ
<発見場所を表示する>
ニイニイゼミ

特徴
体長20〜24mm。夏、先頭きって鳴きはじめる。小柄だが元気なセミ。木の肌と同じ体色をして止まっているので見つけるのは至難の技。セミの形を目でさぐらないと見つけられない。なぜか、ニイニイゼミのぬけがらだけは、全身まんべんなく泥がついている。
食べ物
幼虫は地中の植物の根などをストローのような口で吸う。
見つけた時の様子
長い梅雨の明けるころ、ヂーヂー鳴く声がどこからか聞こえてくる。他の大きなセミ達の中にあっては声がかき消されてしまうから、一足早く鳴くのだろうか。夏の終わりまで声が聞こえる。体は小さいが息のながーいセミである。サクラケヤキエノキ、マツ、モモなどの木の幹によく止まる。
鳴き方
ヂィー…
鳴き声
ニイニイゼミ