エノキ<ニレ科>

落葉高木

<発見場所を表示する>
エノキ


高木に多いケヤキ、ムクノキ、エノキはともに同じニレ科のなかまです。特にムクノキとエノキは似ていますが、葉を観察してみれば違いがわかります。エノキは葉の真ん中の線が曲がっていて、その左右の形が違っています。
赤褐色に実る果実は、甘みがあって食べられ、鳥たちも大好物です。なお、オオムラサキの幼虫もエノキにつきます。
 
観察場所
神社、川原
花の咲く時期
4〜5月

似ている植物
エノキ
赤褐色に熟す。径7mm。食べると甘い 平たくゆがんだ球形。径4mm 黒く熟す。径12mm。食べると甘い

側脈が鋸歯(ギザギザ)まで届かない。鋸歯(ギザギザ)が上半分にある。無毛。やや厚い

側脈が鋸歯(ギザギザ)まで届いている。縁全体に鋸歯(ギザギザ)がある

側脈が鋸歯(ギザギザ)まで届くが、途中で分岐する。縁全体に鋸歯(ギザギザ)がある。表面は短毛が散らばりひどくざらつく