セミ科
アブラゼミ
<発見場所を表示する>
アブラゼミ

特徴
体長36〜38mm。透明な羽根をもつセミの多い中で、ひときわ目立つ茶色の羽根を持っている。数も圧倒的に多く、みなさんともなじみの深いセミだろう。同じセミのなかまのニイニイゼミと似たような鳴き声で、さらに強烈に鳴くためアブラゼミが出てくるとニイニイゼミの声がかき消されてしまうのである。7年間も土の中で生活し、2週間しか地表で生きない。
食べ物
幼虫は、地中の植物の根などをストローのような口で吸う。成虫は木の汁を吸うがナシ、モモ、リンゴなどの果樹園に飛んできて果汁を吸うこともある。
見つけた時の様子
飛んでいるところをよく見た。ヤナギ、サクラケヤキ、モミなどの木の幹によく止まる。
鳴き方
ヂヂヂヂヂヂヂ…
鳴き声
アブラゼミ