ホーム > お知らせ

お知らせ

2021年6月18日 金曜日
◆お知らせ◆葵区の藁科川の牧ケ谷橋付近で、カミツキガメが捕獲されました!

令和3年5月30日(日)、葵区の藁科川の牧ケ谷橋付近にて特定外来生物「カミツキガメ」一匹が捕獲されました。

 

5月29日(土)に市民からカミツキガメ発見の通報を受け、職員及び静岡大学の加藤先生が周辺を捜索したところ、5月30日(日)に発見・捕獲しました。

 

【今回捕獲されたカミツキガメ】

IMGP0037.JPG

 

IMGP0039.JPG

 

今回捕獲されたカミツキガメの概要は、以下のとおりです。

 

 

捕獲日 雌雄 年齢 甲羅の全長 重さ

令和3年5月30日(日)

メス 20歳前後 29.1cm 6.5kg

 

今回捕獲されたカメは、ペットとして飼育されていましたが、3~4年前に野外に放された可能性が高いとみられています。

 

 

本来、飼育の許可が必要なものを無許可で飼育し、飼いきれなくなって野外に捨てることは生態系に悪影響を与えるだけではなく、多くの人の生活にも不安を与えます。

 

※カミツキガメは外来生物法により「特定外来生物」に指定されています。

許可なく運搬・飼育することは法律違反にあたり、個人の場合は最高懲役3年以下、300万円以下の罰金が科せられます。

 

 

外来生物に限らず、生き物を飼う場合は責任を持って最後まで面倒をみるように心がけましょう!

見慣れない大型のカメを発見した際は、絶対に手を出さずに下記の連絡先までご連絡ください。

 

 

 

◆カミツキガメとは?◆

・甲羅は最大50センチ、体重は最大30キロと大型になる。

・あごの力が非常に強く、かまれると大けがをする危険がある。

・自然の生態系や人体への悪影響が心配されるものとして

 「特定外来生物」に指定されており、

 生きたまま許可なく運搬、飼育することが禁止されている。

 

◆特徴◆

・首がとても長く伸びる。

・しっぽが長く、突起がある。

・甲羅の後ろ側がギザギザしている。

・爪が鋭い。

 

 

★特徴1★ しっぽが長く、突起がある

★特徴2★ 甲羅の後ろ側が、ギザギザしている

カミツキガメ上から.JPG

 

★特徴3★ ツメがするどい

カミツキガメ正面.JPG

 

 

◎カミツキガメを見かけた場合は?

 

手を出すとかまれる恐れがありますので、捕まえようとせず、最寄りの交番、または、静岡市役所 環境創造課までご連絡ください。

 

※カミツキガメは外来生物法により「特定外来生物」に指定されています。

特定外来生物は飼育、栽培、保管および運搬が法律により原則禁止されています。

もし特定外来生物を野外において捕まえた場合、持ち帰って飼育することは法律違反にあたります。

 

 

【連絡先】

・開庁日(8:30~17:15) 環境創造課自然ふれあい係

 TEL:054-221-1319

 FAX:054-221-1492

 メールアドレス:kankyousouzou@city.shizuoka.lg.jp

 

・休日または夜間

 静岡市役所 代表電話:054-254-2111

 

【参考】

カミツキガメ注意喚起チラシ(環境省中部地方環境事務所).pdf

 

記事検索