ホーム > 環境学習団体紹介 > 教育・啓発・イベント > NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク

静岡市 環境学習団体紹介

NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク

■活動エリア

  • 南アルプス
  • オクシズ
  • 里地里山
  • 水辺・川・海
  • 特定の活動エリアなし

■活動内容

  • 保全活動
  • 教育・啓発・イベント
  • 企業の社会貢献等

NPO法人静岡県自然史博物館ネットワークは、静岡県内において県立の自然史系博物館の設立を目指し、その計画、運営に協力するとともに、自然史に関する標本、資料の収集・保管,研究に関する事業や、自然環境教育に関する事業を行い、社会に寄与することを目的としています。

設立年 2003年
会員 市民(個人)・企業・関係団体が一体となっている
会員数 団体会員:17団体、個人会員:310名
(2012年10月現在)
紹介文
静岡県自然史博物館ネットワーク(略称:自然博ネット)は、静岡県に県立自然史博物館を設立したいと願う個人や自然史に関する研究団体が集まり設立したNPO法人です。県立自然史博物館の設立を推進するとともに、設立準備や運営にも協力したいと考えています。
生物
多様性
との
関わり
・生息、生育する生きものを調査します。
(データの収集・蓄積・管理)
・外来種に関する普及啓発と管理体制の構築を推進します。
・生物多様性の理解につながる環境教育、環境学習を推進します。
主な
活動計画
【主な活動内容】
・自然史博物館の設立に関わる事業。
・自然史に関する調査・研究、資料・標本の収集・保管に関わる事業。
・自然史博物館の運営管理に関わる事業。
・自然環境をテーマにした団体等への助言および支援に関する事業。
・その他、法人の目的を達成するために必要な事業


 当NPOでは、県内の豊かな自然の重要性を多くの県民に、楽しみながら学び・理解してもらうため、季節ごとに自然観察会を行っています。
 また、自然学習資料センターで集められた貴重で珍しい標本を利用し、県内各地で特別展や出前博物館を開催しています。
 会員には、年4回の会報『自然史しずおか』を発行するとともに他県の博物館の見学会なども実施しています。
PR
私たちは、静岡県の自然を調査研究し、標本資料を収集保存し、その成果を将来に伝え、教育と生活に役立てるための静岡県立自然史博物館の設置を強く希望しています。
URL http://www.spmnh.jp/

NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク

NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク

NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク

この団体に参加するには

会員募集中です。

(年会費)
正会員:3,000円
サポート会員:2,000円
団体会員:5,000円
賛助会員:10,000円

■連絡先

TEL:054-367-2111
FAX:054-367-2111
メール:spmn-net☆bz01.plala.or.jp
(☆を@に変えて送信ください)
担当者:横山謙二、三宅隆