ホーム > お知らせ

お知らせ

2015年2月27日 金曜日
「しぜんたんけんマップ」新情報を追加(150227)ほ乳類

静岡市内の生きもの発見情報を地図に落とし込む「しぜんたんけんマップ」に新情報が26件追加されました!

今回は、「ほ乳類」特集!

平成25年度に実施したセンサーカメラ調査結果を中心に、6地域で見つかった10種のほ乳類を追加しました!

ほ乳類の多くは夜行性なのであまり出会うことができませんが、ツノやフンなどを探してみるのも楽しいですよ☆

 

野生動物や、その痕跡の写真を撮影できた方、ぜひ、投稿フォームより情報をお知らせください☆

 

 

(地名をクリックすると、発見情報へジャンプします。) 

 

・浜石岳ノウサギ (1).JPG ・だいらぼうアナグマ.JPG

(1)ノウサギ (写真左)

だいらぼう突先山浜石岳

全身が黒褐色で、後ろ足が大きく、耳が長いのが特徴です。

夜行性で、日中は草むらなどのねぐらに隠れてじっとしていることが多いです。

(2)アナグマ(写真右)

だいらぼう梶原山丸子城址浜石岳

ずんぐりとした体つきのイタチの仲間で、昼間活動することもあります。

雑食性で昆虫、ミミズ、果実などを食べます。

 

・突先山カモシカ.JPG ・安倍大滝ニホンジカ (2).JPG

(3)ニホンカモシカ(写真左)

だいらぼう安倍大滝突先山

国の特別天然記念物ですが、静岡市では増えてきていています。

昼間に見られる可能性が高い大型ほ乳類です。

(4)ニホンジカ(写真右)

安倍大滝

大型のほ乳類で、オスはツノを持っています。

静岡市では近年数が増えてきていて、植物を食い荒らしています。

 

・丸子城址ハクビシン.JPG ・安倍大滝テン.JPG

(5)ハクビシン(写真左)

梶原山丸子城址

近年数が増え、分布を広げている外来種です。

額から鼻にかけて白いので白鼻芯(ハクビシン)と言います。雑食性で木登りが上手です。

(6)テン(写真右)

安倍大滝梶原山突先山

夏は茶色、冬は黄色の体をしたイタチの仲間です。

主に肉食ですが、果実なども食べます。

 

・突先山タヌキ.JPG ・浜石岳キツネ.JPG

(7)タヌキ(写真左)

安倍大滝梶原山丸子城址突先山浜石岳

中型のほ乳類で、足が短く、ずんぐりした体つきです。

雑食性で、小動物や果実などを食べます。

(8)キツネ(写真右)

安倍大滝突先山浜石岳

全身は赤褐色で、のどからお腹にかけてと、尾の先端が白色をしています。

主に肉食ですが、植物も食べます。足跡が直線的であることが特徴です。

 

・丸子城址イノシシ.JPG ・浜石岳アカネズミ.JPG

(9)イノシシ(写真左)

丸子城址

雑食性の大型ほ乳類で、丈夫な鼻で土を掘り返して、植物の根やミミズなどを食べます。

農作物にも深刻な被害を与えます。

(10)アカネズミ(写真右)

浜石岳

日本の野山に広く分布する野ネズミです。

森林を中心に、農耕地や河川敷など、様々な場所に生息しています。

ドングリなどの種子や、昆虫を中心に食べます。

 

 

●静岡市生きもの散策マップは、静岡市ホームページでダウンロードできます!

 「静岡市」「生きもの散策マップ」で検索してください☆

 

 

2015年2月24日 火曜日
「しぜんたんけんマップ」新情報を追加(150224)鳥

静岡市内の生きもの発見情報を地図に落とし込む「しぜんたんけんマップ」に新情報が8件追加されました!

今回は、「鳥」特集!

野鳥観察会などのお役に立てば幸いです☆

 

野鳥の写真を撮影できた方、ぜひ、投稿フォームより情報をお知らせください☆

 

・ジョウビタキ.JPG ・チョウゲンボウ.JPG

(1)ジョウビタキ(だいらぼうハイキングコース)(写真左)

全長14cmくらいで、翼は黒褐色で真ん中あたりに白い斑紋があります。

本州では、冬に見られます。

(2)チョウゲンボウ(だいらぼうハイキングコース)(写真右)

小型のハヤブサで、主に冬見られます。

小型のネズミや小鳥を空中から狙って捕まえます。

 

・ホオジロ.JPG ・ホオジロ2.JPG

(3)ホオジロ(だいらぼうハイキングコース)(写真左)

(4)ホオジロ(梶原山ハイキングコース)(写真右)

全長17cmくらいで、オスは高い木の上で「チョッピィ、チチュ、チュチュリチュー」と鳴きます。

 

・アリスイ.JPG ・エナガ.JPG

(5)アリスイ(梶原山ハイキングコース)(写真左)

全長17cmくらいになるキツツキの仲間で、アリ類を好んで食べます。

北海道で繁殖し、本州では秋から冬に見られます。

(6)エナガ(梶原山ハイキングコース)(写真右)

スズメより小さい鳥で、林や森などに住み、「チーチー、チリリ、ジュリリ」と鳴きます。

冬は群れで移動します。

 

・コゲラ.JPG ・センダイムシクイ.JPG

(7)コゲラ(梶原山ハイキングコース)(写真左)

全長15cmくらいの小型のキツツキで、「ギィー、ギィー」と鳴きます。

木の皮の下の虫をつついて食べます。

(8)センダイムシクイ(安倍大滝ハイキングコース)(写真右)

スズメと同じくらいの大きさの夏鳥で、春に渡ってきます。

「チイ、チヨ、ピー」と鳴きます。

 

 

●静岡市生きもの散策マップは、静岡市ホームページでダウンロードできます!

 「静岡市」「生きもの散策マップ」で検索してください☆

2015年2月04日 水曜日
◆開催報告◆ ヒデ博士のカメ講座「研究室たんけんin静岡大学教育学部」

平成27年1月31日(土)に、静岡市と静岡大学教育学部の共催イベントである、ヒデ博士のカメ講座「研究室たんけんin静岡大学教育学部」を、静岡大学で開催しました☆

⇒ 参加募集記事はこちら

 

“ヒデ博士”とは、静岡大学教育学部講師の加藤英明先生のこと。

日本だけでなく世界のジャングルや砂漠を駆け巡っているヒデ博士に、カメの特徴や見分け方などのお話と、博士の研究室を特別に見せてもらえるというスペシャルな講座を開いていただきました!!

270131kameIMGP5520.jpg

 

遠くは浜松や袋井から参加してくれたご家族もあり、満員御礼、60名の参加者の中、まずはヒデ博士によるカメ勉強会がスタート。

スライドや標本を使ってカメの特徴や世界の珍しいカメ、身近なカメの見分け方などを教えていただきました!

270131kameIMGP5524.jpg 270131kameIMGP5531.jpg

 

勉強会のあとは、いよいよ研究室たんけんがスタート!

いくつかの班に分かれて、ヒデ博士や博士の学生から、様々なものを見せて、触らせて、遊ばせてもらいました☆

 

ヒデ博士の研究室たんけんでは、ヒデ博士から様々なカメの生体を実際に見せてもらいながら、勉強会で学んだカメの特徴をおさらいしてくれました☆

また、静岡県内で捕獲されたカミツキガメやワニガメの生体を見せてくれ、カミツキガメやワニガメのあごがとても強くて、指などを噛み切られてしまうことを教えてもらうとともに、これらが身近な環境で発見されてしまうことを教えてもらいました。

270131kameIMGP5576.jpg IMGP5563 - コピー.JPG

 

別の部屋では、学生さんによる「カメ骨組立てパズル」の体験をさせていただきました。

時間内になんとか完成させようと、子ども達は夢中で組み立てていました☆

「こうらって骨なんだ!」「うろこでおおわれているんだ!」

骨のパズルを楽しんで体験しながら、カメの甲羅のヒミツを教えてもらいました。

270131kameCIMG7179.jpg 270131kameCIMG7194.jpg

 

カミツキガメ紹介の部屋では、学生さんに、カミツキガメの特徴や、県内での生息状況、調査の様子、捕まったカメの胃の内容物などを教えてもらいました☆

会場には、静岡県で発見されたカミツキガメやワニガメの標本が。。。

あまりの大きさに、子どもたちもびっくりです!!

270131kameIMGP5549.jpg 270131kameIMGP5553.jpg

 

270131kameIMGP5547.jpg 270131kameIMGP5551.jpg

 

これらの体験をローテーションした後、ヒデ博士による勉強会後半がスタート!

後半では、市内の麻機遊水地をはじめ県内の様々なところで外来カメが生息域を広げていること、外来生物が入り込むと生きもののバランスが崩れ、様々な悪影響が出てしまうこと、外来カメの侵入は、ペットとして輸入された生きものが逃げられたり捨てられたりしてしまったことが原因であることなどを教えてもらいました。

 

「生きものが欲しくなったら、まずは図鑑を買ってもらい、その生きもののことをよく勉強しよう!」

「ペットを衝動買いするのはやめよう!その生きものの寿命や、最終的にどこまで大きくなるのかを勉強した上で、最期まで責任を持って飼育する覚悟ができてから飼おう!」

といったヒデ博士のメッセージが、とても印象的でした。

 

その後、ヒデ博士の勉強会に続いて、ヒデ博士の活動フィールドのひとつである麻機遊水地の自然を守る活動をしている、巴川流域麻機遊水地自然再生協議会の石上さんから、麻機遊水地での希少植物の保護活動や、自然観察会の紹介をいただきました☆

ミズアオイというきれいな花の紹介や、継続して実施している観察会の様子などを教えていただきました!

270131kameIMGP5597.jpg

 

 

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました☆

さて、静岡市では、麻機遊水地の自然を守るため、麻機遊水地で安全に子どもたちが遊べるようにするため、麻機遊水地の外来カメ捕獲調査を計画しています。

講師・指導はもちろんヒデ博士☆

市民の皆さまから調査員を募って実施したいと考えています。

詳細は、4月頃から、市広報紙や市ホームページ、ウェブサイト「しぜんたんけんてちょう」などで告知をします。

ぜひ、麻機遊水地のカメ捕獲調査にもご参加ください☆

記事検索