アレチヌスビトハギ<マメ科>

草本(多年草)

<発見場所を表示する>
アレチヌスビトハギ


この花をジーッと見ているとトロピカルな軟体生物のように見えてくる。なんとも愛きょうのある顔でしょ?
この植物の「タネ」は、お母さん泣かせ。秋、野原で遊ぶと子供たちの服には「タネ」のおみやげがついてくる。これが、振ったくらいじゃ取れやしない。1つ1つ手作業で取らなきゃならないんだから。
 
観察場所
あぜ、湿地、水辺、草地
花の咲く時期
7〜9月

似ている植物
アレチヌスビトハギ

節豆果と呼ばれ、節があり3〜4つに切れる

節豆果と呼ばれ、節があり2つに切れる
帰化植物
道ばた、荒れ地などに生える
日本古来のもの
山地の草地や林などに生える