カメムシ科
シロヘリクチブトカメムシ
<発見場所を表示する>
シロヘリクチブトカメムシ

特徴
体長12〜16mm。肩のあたりにするどくとがった角をもつ。背に入った白い水滴を落としたような模様と、両サイドの白いすじが濃い茶色のボディによく目立っている。
食べ物
幼虫、成虫ともにハスモンヨトウ、シロイチモジヨトウ、イネツトムシ、シャクガなどのガの幼虫の体液を、ストローのような口で吸収する。
冬の状態
成虫。
見つけた時の様子
ガの幼虫がたくさんいるからだろうか、門屋の草むらに、ちらばってたくさんいた。南方系のカメムシであるが、本州、四国にも分布を広げつつある。