トンボ科
シオカラトンボ
<発見場所を表示する>
シオカラトンボ

特徴
体長48〜57mm。オスは成長するにつれて、体に塩をふくように白い粉が現われ、ほのかに青く見える。メスは麦わら模様で、やや黄色っぽく見え、腹部の先端は白くなる。春から秋まで長い間よく見かける一般的なトンボ。
食べ物
成虫は主に昆虫を食べる。
冬の状態
幼虫
見つけた時の様子
池や湿地、田んぼ、それから市街地でふつうに見られる。飛んでいる姿はもちろん、地面に止まっているところもよく見かける。
似ているもの
オオシオカラトンボコフキトンボシオヤトンボ