アゲハチョウ科
クロアゲハ
<発見場所を表示する>
クロアゲハ

特徴
大きさ40〜70mm。見ての通り羽根の表は真っ黒。オスは後ろ羽根のつけ根あたりに白い紋があり、羽根の裏側は、赤いちっちゃな三日月模様がふちを飾る。
食べ物
幼虫は、野生種のカラスザンショウ、イヌザンショウ、栽培種のミカン類などの葉を食べる。成虫は、ツツジ、オニユリクサギなどの花の蜜を吸う。
冬の状態
さなぎ。
見つけた時の様子
ミカン類が少ない寒冷地ではあまり見られないが、静岡では街中でもよく見かける。花の蜜を吸っている時は、かなり集中しているようであり、近づいてもなかなか逃げない。
似ているもの
オナガアゲハナガサキアゲハジャコウアゲハカラスアゲハ