アゲハチョウ科
アゲハ
<発見場所を表示する>
アゲハ

特徴
大きさ35〜60mm。一番有名なチョウは何?ときかれたら、「やっぱりアゲハかな?!」と答えるだろう。 春から秋まで長い間出現し、特に静岡はアゲハの好きなミカンの木が多いから、一番目にすることができるチョウだ。当たり前の種類だが、黄色と黒色のおりなす模様が美しい。
食べ物
幼虫は、ミカン科やサンショウ科の若葉を好んで食べる。成虫は、ツツジ、アザミ、ヒガンバナ(マンジュシャゲ)など、特に赤い花の蜜を好んで吸う。
冬の状態
さなぎ。
見つけた時の様子
街中を歩いていても、車で走っていてもひらひらと飛んでいる姿が目に入る。山の中よりも、街中のあらゆるところで多く見られる。産卵のために、ミカンの木のまわりをツンツンと飛んでいる姿もよく見る。卵は見つけやすいので、よく学校で飼育したりするようだ。
似ているもの
キアゲハ