トンボ科
アキアカネ
<発見場所を表示する>
アキアカネ

特徴
体長35〜43mm。これぞ赤トンボとして親しまれている代表選手。オスの体は成熟すると特に赤くなる。赤く燃えているからという訳でもないだろうが、活動すると体温が10〜15℃も上昇する。そのため、30℃を越える平地では生きているのが大変で、夏の間は高い山へ避暑に行き、秋にはまた山を下りてくる。
食べ物
成虫は主に昆虫を食べる。
冬の状態
幼虫。
見つけた時の様子
川原や田んぼの上を無数に群れをなして、風にただようように飛んでいる秋の風物詩であるこのトンボを、私たちは運が悪かったのか、大群で見ることがなかった。同じ科のウスバキトンボの群れに混じっていることも多かった。とてもよく似ている同じトンボ科のナツアカネは、群れることはなく単独でいる。
似ているもの
ナツアカネマユタテアカネウスバキトンボミヤマアカネネキトンボ