2013年12月27日 金曜日

静岡市森林環境アドプト事業による森林整備予定区域を視察しました!

本市では、二酸化炭素の地産地消を推進するため「森林環境アドプト事業」を実施しています。

 

平成25年12月26日(木)、今年度本事業にご賛同いただいている、学校法人 静岡医療学園 静岡医療学園専門学校、一般財団法人 静岡市環境公社及び静清地域地下水利用対策協議会の皆さまと、今年度森林整備を予定している俵峰地区を視察しました。

 

IMGP0896.JPG  IMGP0894.JPG

 

手入れがされていない森林は、木と木の間に光が差し込まず、やせ細った木ばかりになってしまいます。

 

森林の二酸化炭素吸収能力を高めるためには、適切に光合成ができる環境を整備し、健康な木を育むことが大切です。

 

昨年度整備したところも視察しました。

 

IMGP0908.JPG  IMGP0909.JPG

 

木と木の間隔が適切に保たれている森林は、光合成がスムーズにできるため、健康な木を育むことができます。

 

これまで、静岡市森林環境アドプト事業では、合計16.6haの森林を整備しています。

 

今後も、静岡市の森林環境を適切に保つため、同事業を通して森林整備の輪を広げていくと同時に、この事業に賛同する事業者様からの寄付を募集しています。

 

→「静岡市森林環境アドプト事業」とは

 

2013年12月24日 火曜日

STOP温暖化!ライトダウン&キャンドルナイトカフェを開催しました!

12月は地球温暖化防止月間です。

静岡県地球温暖化防止活動推進センター主催により、平成25年12月21日(土)、17:15から19:15まで青葉シンボルロードB1ブロックで「STOP温暖化!ライトダウン&キャンドルナイトカフェ」を開催しました!

photo2.JPGのサムネイル画像

会場では公園の照明とイルミネーションを消灯し、来場者のみなさまと約2,000個のキャンドルを点灯しました。

 

今回のライトダウン&キャンドルナイトは、なるべく多くの方々とゆっくりキャンドルの灯りを見つめながら地球温暖化防止について考えたい、という思いからカフェ形式で開催!

 

中央にはカフェテーブルを用意し、訪れた方々には電気自動車の給電装置を利用した温かいお飲物もプレゼントしました。

photo4.JPG photo1.JPG

 

また、なるべく多くの方々にスローな時間を楽しんでいただくため、電気を使わないアコースティックライブも開催しました。

photo6.JPG photo5.JPG

 

一方、会場内のテントでは、地球温暖化防止に向けた取組を「STOP温暖化メッセージ」として記入していただき、会場内のキャンドルとともに掲出!

それぞれの思いがキャンドルの灯りとともに、会場内できらきらと輝きました。

photo3.JPG  photo8.JPG

 

今回の「ライトダウン&キャンドルナイトカフェ」では青葉シンボルロードB1ブロックの照明とB1・B2ブロックのイルミネーションを2時間消灯し、二酸化炭素を8.9kg-CO2削減することができました。

地球温暖化防止のためには、一人ひとりのエコな取組が大切です。

ぜひご家庭でもスローな時間を過ごしながら、ご家族と地球温暖化防止について考えてみてください♪

 

◆主催:静岡県地球温暖化防止活動推進センター

◆共催:静岡市、ストップ温暖化!清流の都しずおか創造推進協議会

◆イベント参加人数:2,500名

◆STOP温暖化メッセージ:314名

◆二酸化炭素削減量:8.9kg-CO2

 

 

2013年12月12日 木曜日

今年もウォームビズを実施します!

本市では平成24年度に引き続き、全庁一体となった省エネ対策を実施しています。

今冬においても、暖房時の室温が18℃でも快適に過ごすことができるライフスタイルと、省エネの取組を推進するため、下記のとおりウォームビズを実施いたします。

 

<実施期間>

 平成25年12月15日(日)~平成26年3月15日(土)

 

<ウォームビズ~暮らしの中でできる工夫~>

・保温性に優れた機能性インナーウェアを着用したり、カーディガンやセーターを羽織る等して衣服の工夫をしてみましょう。

・湯たんぽやカイロ等を活用しましょう。

・窓には厚手のカーテンや断熱シートを貼ると効果があります。

・静岡茶で体の中からポカポカに!

・みんなで静岡おでんを囲み、部屋も体も暖まれば、暖房も控えめになって省エネ!

 

市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

平成25年度静岡市ウォームビズポスター.pdf

 

 

このページのトップへ戻る