ホーム > お知らせ

お知らせ

2017年9月06日 水曜日
◆お知らせ◆清水港で、特定外来生物「ヒアリ」が確認されました!

 平成29年8月27日、清水港で特定外来生物「ヒアリ」が市内で初めて確認されました。

 

 環境省が全国68港湾で行っているヒアリ調査で、清水港新興津コンテナターミナル内に設置されたトラップ及びその周辺から8月21日にアリが発見され、専門家の同定の結果、8月27日に「ヒアリ」101個体であると確認されました。

 

 静岡市・静岡県内では初めての確認事例となります。

 

 同種は今年5月26日、兵庫県において国内で初めて発見され、その後、愛知県、大阪府、東京都、神奈川県、福岡県、大分県、岡山県、埼玉県及び広島県でも相次いで発見されており、刺咬被害も報告されています。

 

 また、今回の調査では、「アカカミアリ」14個体も確認されました。これは、静岡市及び静岡県内では3例目の確認となります。

 

 今回発見されたヒアリ及びアカカミアリはすべて駆除されています。また、8月28日に専門家の指導のもと、確認場所周辺での一斉駆除が実施されました。

清水港ヒアリ290828.png

清水港で確認されたヒアリ(平成29年8月29日 環境省報道発表資料より転載)

 

平成29年8月29日 環境省報道発表資料「清水港におけるヒアリの確認について」

平成29年8月29日 静岡県報道発表資料「清水港におけるヒアリ及びアカカミアリの確認」

 

 

ヒアリは、南米中部原産の有毒アリで、以下のような特徴があります。
 ●体長2.5㎜~6.0㎜で、様々な大きさのアリが混在している
 ●体の色はつやつやした赤茶色で、腹部(おしり)が黒っぽい赤色
 ●お尻に毒針がある
 ●開けた草地等に土でドーム状の大きなアリ塚を作る
 (※在来種でもアリ塚を作る種がありますが、土で大きなアリ塚を作るアリはいません)
 
 このアリはお尻に毒針を持っており、刺されると火傷のような激しい痛みが生じます。毒性が強く、刺されるとアレルギー反応により重症化する例もあります。
 
 上記の特徴に合致するアリを見つけたら、下記連絡先までご連絡ください。
 また、ヒアリ・アカカミアリと思われるアリを発見したら、熱湯をかける、市販の殺虫剤の散布などにより殺虫処理をした上で、可能であれば個体を確保しておいてください。
 なお、殺虫処理や個体確保の際は、素手でアリに触らないよう注意してください。
 
 ヒアリ・アカカミアリと思われるアリに刺されてしまったら、以下のように対応してください。
 ●激しい痛みや水疱状の腫れがある場合
  あわてずに、体調の急変がないことを確認の上(20分~30分)、お近くの皮膚科、内科(小児の場合は
 小児科)を受診してください。
 ●体調が急変(ひどいじんましん、血圧低下、呼吸困難)してる場合
  速やかに救急車を呼んでください。また、救急隊員にヒアリ・アカカミアリに刺された可能性があることを伝え
 てください。
 
 市への連絡先は以下のとおりです。
【ヒアリ・アカカミアリと思われるアリ発見した場合】
 環境創造課 エコパーク推進係
 054-221-1357
 
【ヒアリ・アカカミアリと思われるアリに刺されてしまった場合】
 保健所生活衛生課 医療安全対策係
 054-249-3159
 
 
【参考】
〇環境省パンフレット ストップ・ザ・ヒアリ (ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)(7MB)
〇環境省ホームページ ヒアリに関する諸情報について
〇静岡市ホームページ 特定外来生物ヒアリについて

記事検索