ホーム > お知らせ

お知らせ

2017年7月05日 水曜日
◆お知らせ◆特定外来生物「ヒアリ」について
 平成29年5月26日、兵庫県内で中国南沙港からのコンテナから特定外来生物「ヒアリ」が国内で初めて発見されました。その後、愛知県、大阪府、東京都、神奈川県、福岡県及び大分県でも相次いで発見されています。
 
 ヒアリ画像
 環境省ホームページhttp://www.env.go.jp/press/104185.htmlより転載
 
 7月27日現在、静岡市内でヒアリの発見情報はありません。
 
 ヒアリは、南米原産の有毒アリで、以下のような特徴があります。
 
 ●体長2.5㎜~6.0㎜で、様々な大きさの働きアリが群れている。
 ●開けた草地・裸地に土でドーム状のアリ塚を作る(※日本のアリは、土で大きなアリ塚を作りません)
 ●体の色はつやつやした赤茶色、腹部が黒く見える
 ●お尻に毒針がある
 
 このアリはお尻に毒針を持っており、刺されると火傷のような激しい痛みが生じます。毒性が強く、刺されるとアレルギー反応により死亡する例もあります。
 
 現時点では静岡市内でヒアリは発見されておらず、アリをむやみに恐れる必要はありませんが、上記の特徴に合致するアリを見つけたら、下記連絡先までご連絡ください。
 また、ヒアリを発見したら、熱湯をかける、市販の殺虫剤の散布などにより殺虫処理をした上で、可能であれば個体を確保しておいてください。
 なお、殺虫処理の際は、素手でアリに触らないよう注意してください。
 
 ヒアリと思われるアリに刺されてしまったら、以下のように対応してください。
 ●激しい痛みや水疱状の腫れがある場合
  あわてずに、体調の急変がないことを確認の上(20分~30分)、お近くの皮膚科、内科(小児の場合は小児科)を受診してください。
 ●体調が急変(ひどいじんましん、血圧低下、呼吸困難)してる場合
  速やかに救急車を呼んでください。また、救急隊員にヒアリに刺された可能性があることを伝えてください。
 
 市への連絡先は以下のとおりです。
【ヒアリを発見した場合】
 環境創造課 エコパーク推進係
 054-221-1357
 
【医療機関の受診について】
 生活衛生課 医療安全対策係
 054-249-3159
 
 ヒアリは国内への侵入初期段階にあり、早期の発見と防除が重要です。ニュージーランドでは、過去に2回ヒアリが国内に侵入しましたが、早期発見・防除の結果、根絶に成功しています。
 ヒアリの国内侵入を防ぐのは、みなさんの目でもあるのです。また、これを機に、身の回りの生き物にも目を向けてみてはいかがでしょうか?
 
 
【参考】
〇環境省パンフレット ストップ・ザ・ヒアリ (ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)(7MB)
〇環境省ホームページ ヒアリに関する諸情報について
〇静岡市ホームページ 特定外来生物ヒアリについて

記事検索