ホーム > お知らせ

お知らせ

2016年11月01日 火曜日
◆参加者募集◆12月3日(土) 南アルプスライチョウサポーター養成講座(静岡会場追加開催)

静岡の奥にある宝物 みんなで守っていこう


絶滅の危機に瀕している南アルプスのライチョウを見守るサポーターにあなたもなってみませんか?

平成28年6月に開催した第1弾では東京・山梨・静岡で177名が登録!

ご要望に応えて、この度、静岡会場を追加開催いたします。
 

 

ライチョウサポ1.JPG ライチョウサポ2.JPG

 

国の特別天然記念物「ライチョウ」は、氷河期の遺存種とされており、南アルプス(静岡市域)がライチョウ生息地の世界の南限とされています。
静岡市、川根本町を含む南アルプスユネスコエコパーク構成10市町村では、このライチョウをユネスコエコパークのシンボルとしており、10市町村全体で、ライチョウの生息状況を登山者等と継続的に調査する仕組みを構築していくために、平成28年6月に、南アルプスライチョウサポーター制度を創設しました。

 

養成講座を受講して頂くと、受講者には認定証とハンドブック、ピンバッジを差し上げます。(参加無料)
受講者を「南アルプスライチョウサポーター」に認定し、南アルプスにおける登山の際、ライチョウの目撃情報をお寄せいただきます。

 

ライチョウサポチラシ.jpg

チラシはこちら(PDF:0.4MB)

 

【日時・会場】

平成28年12月3日(土)13:20~17:00 (開場13:00~)

静岡市城東保健福祉センター 複合棟3階第1研修室 (静岡市葵区城東町24番1号)

 

【内容】
(1)南アルプスの特徴について
   静岡市専門委員 増澤武弘氏(静岡大学理学部)
(2)南アルプスのライチョウの現状について/ライチョウ調査のお願いと注意事項について
   静岡ライチョウ研究会 会長 朝倉俊治氏
 

【対象・料金】
どなたでも40名程度(先着順)、参加無料

 

【申込方法】

①静岡市HP専用受付サイト、②電話、③ファックスのいずれかの方法にて、以下の情報をお伝えください。
「氏名(フリガナ)」「郵便番号」「住所」「電話番号」「携帯電話」「メールアドレス(ライチョウ情報配信希望者)」

静岡市HP専用受付サイトはこちら ⇒ パソコン用 携帯電話用 スマートフォン用

(申込期日:11月30日(水)17時まで)

 

【申込・問合せ先】

静岡市環境創造課
〒420-8602 静岡県静岡市葵区追手町5番1号
TEL:054-221-1357、FAX:054-221-1492
メール:shizutan@city.shizuoka.lg.jp

記事検索