ホーム > お知らせ

お知らせ

2013年1月09日 水曜日
◆イベント情報◆ 2月16日(土) 静岡市生物多様性シンポジウム

静岡市生物多様性シンポジウム

 

みんなで参加し伝える、生きもののつながり

 

 

~清流の都・静岡を将来の子どもたちへ~

 

 

ikimono.JPG

 

 私たち人間は、多様な生きものの"つながり"を構成する一員であるとともに、このつながりからもたらされる、生活には欠かせない多くの"恵み"を得ています。

 自然豊かな静岡市にあふれる恵みを知り、どのように守り、将来へ受け継いでいけばいいのか・・・

 一緒に考えてみませんか?

 

 シンポジウムでは、鳥類研究・保護活動の第一人者であります、山階鳥類研究所名誉所長の山岸哲(やまぎしさとし)氏による記念講演、「南アルプス・井川」、「里地里山・人づくり」、「生きものモニタリング」をテーマにしたパネルディスカッションを開催します。

 また、環境保全活動に取り組む市民団体や企業の活動紹介コーナー、動植物の写真パネル、標本の展示コーナーもあります。

 

 ぜひ、静岡市生物多様性シンポジウムにご参加ください☆

 

【日時】

平成25年2月16日(土)13:00~17:00 (開場12:00)

 

【場所】

静岡市女性会館「アイセル21」ホール (静岡市葵区東草深町3-18)

※公共交通機関をご利用ください。

 

【内容】

(1)記念講演(13:10~14:10)

講師:山岸哲(やまぎしさとし)氏  (山階鳥類研究所名誉所長)

演題:「トキはなぜ禿(は)げたか -生物多様性とは何か-」

要旨:昨年は、佐渡島で放鳥トキが38年ぶりにヒナを巣立たせることに成功した。ともすると、トキの動向だけが注目されがちだが、トキたちを取り巻く生きものたちには、どのようなものがおり、それらがどのように繋がっているのかを眺めることによって、生物多様性とは何かを考えてみた。

 

(2)パネルディスカッション(14:45~16:45)

①南アルプス・井川

テーマ:「知りたい!行きたい!南アルプス・井川を目指して」

     ~活かす自然と守る自然~

②里地里山・人づくり

テーマ:「人と自然の絆の場、里地里山とどう付き合う?」

     ~自然を守り、学び、将来へつなぐために~

③生きものモニタリング

テーマ:「静岡市の自然と、生きもののつながりを守るためには?」

     ~清流の都・静岡を将来へつなぐために~

 

(3)活動団体紹介・動植物紹介展示コーナー

 

【参加費・定員】

無料・150名(先着順)

 

【申込方法】

静岡市コールセンターまでお電話ください。(TEL:054-200-4894)

(申込受付期間:1月28日~2月15日)

 

【主催】

静岡市清流の都創造課(TEL:054-221-1357)

 

●講師プロフィール、パネルディスカッションのパネラー等、シンポジウムの詳細につきましては、チラシをご覧ください。

⇒ チラシ表(PDFファイル)

⇒ チラシ裏(PDFファイル)

記事検索