環境学習・環境活動・イベント情報

2013年10月30日 水曜日【環境学習の実績・成果】
◆活動紹介◆ 麻機自然体験コミュニティ「Balance」放任竹林、竹チップ作業へ子供達が遊びにきてくれました☆

麻機地域の豊かな自然環境で子どもたちと活動している「Balance」さんから、活動紹介をいただきました!!

Balanceさんは、地域の放任竹林対策も実施しています。

今回は、放任竹林対策の活動現場に地域の子供たちが遊びにきてくれたときの情報をご提供いただきました☆

(以下、Balanceさんからの情報の転載です。)

 

 

 

竹破砕機を静岡市役所からお借りして放任竹林整備後の竹を堆肥とするべく搬出し、竹チップに!

この日は近所の月影保育園から子供達が様子を見に来てくれました。

 

「バリ!バリ!バリ!」 近所迷惑にならないかと心配になるほどの破砕音!!

あまりの音に子供達はどんな顔をするのかな?泣いてしまうかな?

そんな心配をよそに以外にも作業を手伝ってくれました!
 

asahata251030_2.jpg asahata251030.jpg

 

asahata251030_3.jpg asahata251030_4.jpg

 

asahata251030_5.jpg 6.jpg

 

asahata251030_7.jpg 9.jpg

 

asahata251030_10.jpg 11.jpg

 

asahata251030_8.jpg

 

 

怖がり泣いてしまう子も(そりゃそうだよなぁ・・大人でもうるさいんだから!)
asahata251030_12.jpg

 

 

破砕作業を中断すれば何でも遊び場にしてしまう子供達!

竹チップはカブト幼虫の大好物!そして子供も・・大好物???(笑)
asahata251030_14.jpg asahata251030_13.jpg

 

asahata251030_15.jpg 17.jpg

 

16.jpg asahata251030_18.jpg

 

asahata251030_19.jpg asahata251030_20.jpg

 

asahata251030_22.jpg 23.JPG

 

asahata251030_21.jpg

 

 

そして今日の〆は保育園内の花壇に竹チップをマルチ材として使用して頂きました。
asahata251030_24.JPG 25.JPG

 

26.JPG

 


放任竹林の問題が表面化し、厄介者の竹には素晴らしい成分・効果・効用があるとされます。先人達は上手く竹を活用してきました。

知識としては知っていますが、そこはやはり何でも実践・経験してみなくちゃ!分からない世界!

楽しみながら実践していきましょ~

春には筍掘りですね!

 

 

麻機自然体験コミュニティ「Balance」さんの団体紹介はこちら

市の竹破砕機貸出しについて

2013年10月29日 火曜日【環境学習の実績・成果】
◆活動報告◆興津小学校 環境学習会②

 6月に2回興津川の学習会を実施した、静岡市立清水興津小学校4年生。(①参照)

 今回は、10月10日に実施された成果発表会の様子をご紹介します。

 

 子供たちは、自分で1つのテーマを決めて、2~4枚の画用紙に

 一生懸命自分たちが調べたことを書いてくれました。

 成果発表は、ポスターセッション形式で行われました。

ポスターセッション

 みんな緊張しながらも、大きな声で堂々と発表をしていました。

 全部のポスター内容を聞くことができず、とても残念でした。

ポスター

ポスター2

 

 『学習してきたことを1つの成果にまとめて、発表する!!』

 とっても大変なことですが、調べる力・まとめる力・発表する力など

 大切なことが身に付く学習方法ですね

 

 最後に、東海大学海洋学部教授 秋山先生から、

 静岡市の特徴と、興津川にすむ生物についてお話がありました。

 みんな、一生懸命勉強してきたので、先生の質問にスラスラ答えてびっくり!!

 また、先生からのお話は、まだまだ知らない発見があったりして、『え~!』や『へ~』など

 驚きの声があがった45分間でした。

秋山先生①

秋山先生② 

 興津小学校4年生のみなさん!

 これからも、身近な河川『興津川』。

 大切な興津川を一緒に守っていきましょうね。

 

 来年度も、環境学習モデル校を3校募集する予定です。

 ぜひ、お待ちしています!!

 

2013年10月28日 月曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 11月16日(土) 興津川保全市民会議「森林探検隊」

興津川の美しい水、周辺の豊かな自然を守ること目的に活動している「興津川保全市民会議」さんからの、イベント情報です☆

 

 

『森林探検隊』 の ご案内



平成25年度「森林探検隊」を次のとおり開催いたします。
ご家族、お友達をお誘いの上、多数ご参加いただきますようお願いいたします。


 

1 開催日時: 平成25年11月16日(土) 8:30~15:00

2 集合場所: 清水区茂野島大網橋前 8:30現地集合

3 開催場所: 清水区葛沢「嶺の子山荘」

4 内   容: 森の中で遊び、探検し、森林の役割や大切さを学ぶ
         体験学習会です。蒟蒻作りや、猪肉のしし汁もあるよ。

5 持 ち 物: 昼食(おむすび)、お椀と箸(しし汁用)、水筒、軍手、
        雨具(カッパ等)等 (道具は事務局で用意します。)

6 対   象: 小学生以上 (小学生は保護者同伴)

7 会   費: 1人 500円

8 服   装: 長袖、長ズボン等 (山登りのできる服装と靴)

9 申込方法 電話で直接下記事務局までご連絡ください。多数抽選。

10 申込締切 平成25年11月6日(水)17:00まで

      興津川保全市民会議事務局
      (静岡市清流の都創造課内)

      電話054-221-1319

 

興津川保全市民会議さんのホームページはこちら

2013年10月28日 月曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 11月10日(日) 林業女子会@静岡 「林業女子の街中study~静岡×林業~」

女性目線で林業や日本の山が持つ魅力や美しさと共に課題を、都会に住む女子に広く知ってもらい、山と街を繋ぐ役割を果たしたいと活動している「林業女子会@静岡」さんから、イベント情報をいただきましたので、紹介させていただきます☆

(以下、林業女子会@静岡さんのサイトより転載です。)

 

ringyo1110.jpg

 

林業女子の街中study~静岡×林業~

 

 

 

知らなかった言葉・初めての世界に出会う時は 

いつでもワクワクするものです。
カフェテーブル・おいしい水・お家の柱
…これらに共通するものはなんでしょうか。
 
身近にあるけど気がつきにくいモノを、
林業女子と一緒に探してみませんか。
 
林業の現場で働く若手木こり女子・猪野かおりと
挑戦し続ける素敵な女子大生・寺田梓氏が
深く・楽しく・新しい世界を展開します!
 

 
☆日 時:11月10日  14:00~16:00(開場13:30)
☆場 所:県立大学看護学部棟
☆参加費:800円(お茶&お菓子付)
☆定 員:15名(要予約)
☆内 容:①キーワードをもとに、連想ゲーム☆
      ②木こり女子(猪野かおり)×女子大生(寺田梓氏)による対談
      ③みんなでお茶会
☆連絡先:fg.shizuoka@gmail.com

 

「林業女子会@静岡」さんのサイトはこちら

「林業女子会@静岡」さんのFacebookページはこちら

2013年10月25日 金曜日【環境学習の実績・成果】
◆イベント情報◆ 10月31日~11月4日
南アルプス・井川 フォトコンテスト作品展示会

南アルプスの大自然と井川地域の魅力を集めた写真展が、下記の日程で開催されます☆

フォトコンテスト応募作品はもちろん、南アルプス・井川地区の自然や文化を紹介するブースや、そこに生息・生育する生きものの標本展示、また、全日本山岳写真協会さんの作品展示もあります。

ぜひご来場いただき、南アルプスの魅力を感じてください!!

 


【期間】平成25年10月31日(木)~11月4日(月・祝)
    各日、10:00~17:00
【場所】静岡市民ギャラリー (静岡市役所静岡庁舎本館1階)
【内容】「南アルプス部門」「井川部門」フォトコンテスト応募作品の展示
    南アルプス・井川地区の自然・文化紹介ブース
    南アルプス関連動植物の標本展示
    全日本山岳写真協会による写真展
【対象】どなたでも
【料金】入場無料
【主催】静岡市清流の都創造課
【共催】南アルプス・井川エコツーリズム推進協議会
【協力】全日本山岳写真協会静岡グループ
    NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク
 


※10月31日(木)9:50より、オープニングセレモニー(表彰式及び受賞作品の講評)が行われます。ぜひ、ご参加ください☆

 

フォトコンテスト作品展示会.jpg

 

 

南アルプスユネスコエコパークへの取り組みについて(静岡市ホームページ)

 

2013年10月23日 水曜日【環境学習会情報】
10/28(月)井川湖畔遊歩道(廃線跡)がオープンします♪

今年、整備を進めてきた「井川湖畔遊歩道」が、10月28日(月)開通式を行い、オープンします。

 

yuhodo01.jpg  

 

 この遊歩道の整備は、井川の活性化に向け、地元の皆さん、中部電力さん、大井川鐵道さんのご協力で実現しました。

 

yuhodo02.jpg  

 

 南アルプスは、平成26年のユネスコエコパーク登録に向け、国内推薦を受けることが決定しました。

 本市においても、この南アルプスのエコパーク登録に向け、エコパークの移行地域である井川地区の活性化に向けたさまざまな取組を行っています。

 

 遊歩道の一部は、大井川鐵道の軌道敷の廃線部分を線路を残したまま整備しています。線路にはウッドチップを敷き詰め、テーブルベンチも設置しました。

 

yuhodo03.jpg 

 

 線路の上を歩くことができるコースとなっていて、途中にはトンネルや吊り橋などもあり、ちょっとした冒険気分を味わうことができますよ。

 

DSCF1885 - コピー.JPG DSCF1894 - コピー.JPG 

DSCF1905 - コピー.JPG DSCF1908 - コピー.JPG  

 

 

 秋は山々の紅葉、春は新緑に映える井川湖畔の絶景を眺めながら井川の見どころを巡るコースです。

 

yuhodo08.jpg 

 

 井川ダムからスタートし、堂平広場、夢の吊り橋、井川大仏、井川本村の街並みを巡り、井川湖の渡船に乗って、井川ダムまで戻るコースになっています。

 ※井川湖渡船の運行についてはこちらhttp://www.okushizuoka.jp/100sen/spot/000178.html

 

 井川湖畔の散策に、ぜひお越しください。

 

 【問合せ】 静岡市役所 井川支所 054-260-2211

2013年10月17日 木曜日【環境学習の実績・成果】
◆活動報告◆興津小学校 環境学習会①

今年度、環境学習モデル校の1校である「静岡市立清水興津小学校」で、

10月10日 成果発表会が行われました!!

各自テーマを決めて「興津川」について学習してきました。

今回は、半年間の学習と成果発表会をご報告します。

6月6日 「興津川を知ろう」

 興津川全体のお話、鮎のお話、興津川に生息する蝶のお話・・・・

 身近な河川・興津川について学習しました。

 友釣りに使う竿の長さに、みんなびっくり!!

友釣りの竿にびっくり!蝶のお話

6月13日「興津川を探検しよう!」

 実際に、興津川で生き物調査

 水生昆虫、魚、鮎の友釣り体験、蝶の捕獲などなど

 子どもたちは、初めてみる生き物が多く、悲鳴?歓声?があがり、

 とっても楽しい講座になりました。

興津川を体験しよう

さて、この2回の講座で、子どもたちはどんな研究テーマをみつけたのでしょうか?

Part2へつづく・・

2013年10月17日 木曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 10月27日(日)静岡科学館る・く・る
 「体験型科学教育(リアルサイエンス)講習会」

静岡科学館「る・く・る」さんから、イベント情報をいただきました☆

体験型の科学教育を学ぶ実践的な講習会が、下記の内容で開催されます!!

ぜひ、ご参加ください☆

(以下、いただきました情報の転載です)

 

 

静岡科学館る・く・る 理数系教員指導力向上研修講座
 
リアルサイエンス
フォローアップ講習会

 

002.jpg 001.jpg

 

子どもの好奇心を駆り立てる理数教育を目指す、体験型科学教育研究所(リアルサイエンス)から講師をお迎えして、再びわくわく・どきどきするような講習を行います。

これまでの講習で学んだことを深めるために、あるいは新たな情報を得るために参加してみませんか? 

授業づくりの充実を図る講習会です。

ぜひご参加ください。

 

 

【日時】平成25年10月27日(日)10:00~16:30 (9:45~受付開始)

【場所】静岡科学館る・く・る  8F創作ルーム

【内容】FOSSの新しいプログラムの紹介・実演。GEMSプログラム:火山の応用、富士山の教材化ワークショップなど
【講師】NPO法人体験型科学教育研究所 専務理事 古川 和 氏  他

【参加費】無料

【対象】小・中学校、高等学校の教員と、教員を目指す学生およびこれまでリアルサイエンスの講座を受講された方

【定員】先着順 40名まで

【申込方法】る・く・るへ電話でお申し込みください。  
10月5日(土)9:30より受付開始いたします。 
*お申し込みの際、お名前、所属、連絡先をうかがいます。
【問合せ】静岡科学館る・く・る (電話054-284-6960)

 

チラシはこちら(PDFファイル)

静岡科学館「る・く・る」ホームページ

 

2013年10月16日 水曜日【環境学習の実績・成果】
◆活動紹介◆ NPO法人浅間山再生プロジェクト通信(No.13)のご紹介

浅間山の環境保全や地域住民の安全を目的に、井宮地区を中心の人達で放置竹林の伐採などの活動を行っている「NPO法人浅間山再生プロジェクト」さんから、会報誌の情報をいただきました☆

 

2013年10月発行の、13号目の会報誌です!!

ぜひ、ご覧ください☆

 

sengen001.jpg sengen006.jpg

 

会報誌のデータはこちら(Wordファイル)

【内容】

 ・3団体連携!「浅間山ウォーク」開催

 ・市民フォーラムで事例発表

 ・放任竹林伐採跡地の下草刈りを進めています

 ・静岡市が「竹粉砕機」を購入

 ・安西学区で「竹粉を活用した生ごみダイエット」の説明会を始めます!

 

 

NPO法人浅間山再生プロジェクトについて(しぜんたんけんてちょう、活動団体紹介ページ)

 

 

2013年10月16日 水曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 11月10日(日)谷津山再生協議会「秋のタケノコ掘り」

静岡市街地の貴重な緑地である「谷津山(やつやま)」の自然環境を再生・保全しようと活動している谷津山再生協議会さんから、イベント「秋のタケノコ掘り」の情報をいただきましたのでご紹介します☆

(以下、谷津山再生協議会さんからいただきました活動紹介の転載です。)

 

 

「秋のタケノコ掘り」について
(平成25年秋の森づくり県民大作戦参加イベント)

take001.jpg

 

モウソウチクのタケノコは、春に出るのが常識です。

それならば、秋に「タケノコ掘り」をして、タケノコは本当に見付るのでしょうか?

実際に移植ゴテで竹林林床を掘り確かめる、ファーブル体験をします。
もちろん、タケノコは見つけた場合にはお持ち帰ることができます。
実施場所は富士山ビューポイントであり、また小さなお子様にもご参加いただけるイベントです。

 

 

【日時】平成25年11月10日(日)9:30集合~11:30頃

【場所】谷津山活用モデルエリア内竹林伐採地

(愛宕霊園駐車場(谷津山活用モデルエリアに隣接)に集合ください)

【内容】秋に「タケノコ掘り」をします。

【対象】どなたでも(小学生以下の方は、保護者同伴の上でお申し込みください)

【参加費】無料

【持ち物・服装】長袖シャツ、長ズボン、軍手、飲み物、移植ゴテ(持参可能な方)、ビニル袋等
(服装は、当日の天候に合わせ調整してください)

【申込み・問合せ】ホームページ問い合わせフォーム
もしくは 090-2948-7441(石井)まで

(一次締め切り:11月3日まで)   

【主催】谷津山再生協議会、国際ソロプチミスト静岡

【その他】雨天時対応は、前日(9日)午後7時時点での当日(10日)の降水確率が30%以上であれば、中止とさせていただきます。

また、前日(9日)に大量の降雨があった時も、同様に中止とさせていただきます。

イベント中止の時は、当日午前7時30分までにその旨をHP上に掲載いたします。

 

谷津山再生協議会ホームページはこちら

2013年10月11日 金曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ やつやま友の会発足10周年記念事業
郷土史家と歩く晩秋の谷津山「歴史探訪」

耕作が放棄された農地に侵入した竹で約3分の1が覆われてしまった谷津山を市民・県民の憩いの場とし、植物や野鳥などにとっても良好な環境となるような整備を行っている、「やつやま友の会」さんより、谷津山歴史ウォークイベントのご案内をいただきましたので紹介します☆

 

 

郷土史家と歩く晩秋の谷津山

歴史探訪

(やつやま友の会 発足10周年記念事業)

 

谷津山は、古代には静岡地方に覇を唱えた古代豪族の古墳が頂上につくられました。

そして山を挟んで、南東側の東海道、北西側の北街道は近世に至るまで東西交通の役割を担っています。

東西を往来する官道が通ることから古くからこの地域は特色ある場所となり、平安時代に入ると、山麓一帯に密宗寺院がいくつも造寺され、行き交う人々の安寧を守護し、近隣の人びとにも信仰されました。

また、戦国時代、府中防衛の城砦がつくられました。

谷津山歴史ウォークでは、このような谷津山の古代・中世のロマンを探訪します。

 

 

(1)第1回

【日時】平成25年11月17日(日)9:50集合~15:00解散予定

(少雨決行) 

【集合】清水山公園

【コース】清水山公園~清水山頂上~谷津山鉄塔・谷津山古墳~愛宕山砦・愛宕神社~龍雲寺~蓮永寺~陸軍墓地~長源院~沓谷霊園~瓦場町~元長寺~清水山公園

 

(2)第2回

【日時】平成25年12月8日(日)9:50集合~15:00解散予定

(少雨決行)

【集合】愛宕霊園(流通通り入口側)

【コース】愛宕霊園~菩提樹院~観音山~長沼一里塚跡~グランシップ東海道跡~法蔵寺・軍神社~横田見附跡~安立寺~清水寺~清水山公園

 

 

共通情報

【雨天時】雨天の予備日は、12月15日(日)。2開催日とも雨なら別途開催日を設けます。

【講師】安本 收 氏(郷土史研究家、元駿府博物館学芸員)

【定員】各回30名(申込先着順)

【参加料】各回500円 (保険・資料代ほか) 中学生以下は無料(大人同伴)

【持ち物】弁当・水、服装は軽装、歩きやすい靴にて(全行程徒歩)

【申込み】各開催日の1週間前までに、お名前・年齢・住所・電話番号を下記問合せ先まで

【問合せ】やつやま友の会事務局 大石(TEL、FAX:054-237-5715)

間宮(電話090-1099-8698)

 

 

● イベントのチラシはこちら(PDFファイル)

●「やつやま友の会」さんの団体情報はこちら(しぜんたんけんてちょう)

2013年10月09日 水曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 11月2~3日 Groomしずおか
里山フェスタ2013@アトサキセブン

静岡県内の里山再生アイデアを具現化して里山と地域をつなごうと活動を行っている「Groomしずおか」さんから、イベント情報のご提供をいただきましたので紹介します☆

大道芸ワールドカップ期間中でもある11月2~3日に市街地の「アトサキセブン」で行われる、里山をテーマとした様々な企画が詰まったイベントです!!

ぜひ、ご来場お待ちしております☆

 

 

里山フェスタ2013@アトサキセブン

Viva! Satoyama

「里山」の再生と未来創造

 

 

しずおかの「里山」の魅力が詰まった2日間!

アトサキセブンが里山になります。

5つのテーマで里山を楽しみませんか?!

 

【日時】

平成25年11月2日(土)、3日(日) 10:00~17:00

【場所】

アトサキセブン(静岡市葵区七間町オリオン座跡)

【内容】

(1)里山保全活動の紹介(11/2 14:00~16:00)

 ・放置竹林対策の紹介

 ・里山フューチャーセンター

(2)里山を食べつくそう!

 ・静岡有機野菜の販売

 ・里山スイハニング!

 ・竹炭濾過水のコーヒー

 ・静岡地酒試飲

(3)里山リラクゼーション

 ・里山森林セラピー体験(予定)

 ・木質燃料を使って沸かした足湯

 ・里山の竹を使った足つぼマッサージ

 ・青竹踏み

(4)里山歴史講演会(11/3 15:00~16:00)

 ・鎌倉古道沿いの歴史資産の紹介

 ・駿河七観音の歴史講演会

(5)みんなでつくる里山写真展(11/3 15:00~16:00)

 ・しずおかに残る里山風景

 ・里山豊かな自然景観

【対象】

どなたでも

【主催】

Groomしずおか

【共催】

静岡県緑化推進協会、静岡市まちづくり公社

【問合せ】

Groomしずおか

メール: groom.shizuoka☆gmail.com

(☆を@に変換して送信ください)

 

里山フェスタのチラシはこちら(PDFファイル)

2013年10月08日 火曜日【環境学習会情報】
◆イベント情報◆ 11月3~4日 第14回ライチョウ会議山梨大会

山梨県南アルプス市で開催される「第14回ライチョウ会議山梨大会」のご案内です☆

静岡から、静岡大学増澤教授やライチョウ研究会さんなども参加します!!

ご興味のある方、ぜひ、足をお運びください☆

 

らいちょう.JPG

 

約30年前、南アルプスの中心である北岳周辺地域は、国内でも有数な生息密度の高いライチョウの楽園でした。

しかし、今、この地域のライチョウは激減し、絶滅の危機に瀕しています。

また、ライチョウが生息する高山帯はニホンジカなどの野生動物の侵入により、貴重な高山動物の食害などの被害が拡大し、その環境は存続の危機を迎えています。
 

南アルプスは世界最南端のライチョウの生息地であり、人類が直面する危機である地球温暖化による影響を非常に受けやすい地域でもあります。
このような中、昨年2012年、国はトキやコウノトリと同じく「種の保存法」に基づくライチョウの保護増殖事業の実施を決定し、その保護対策は新たな段階を迎えることとなりました。

ライチョウを守ることは、高山帯の環境や人類の未来を守ることに繋がります。
ライチョウを野生絶滅となった第三のトキ、コウノトリにしないために、全国の研究者、民間団体、行政関係者などが、南アルプス市に集い、ライチョウの生息と生息地の状況、保護・保全の取組み、そして、新たな段階を迎えた保護対策などについて市民の皆様と共に考えていきます。

 

 

 

開催期間・日時

2013年11月03日から2013年11月04日 

開催地

山梨県南アルプス市小笠原1060-1

会場

南アルプス市櫛形生涯学習センター「あやめホール」

事業内容

第14回ライチョウ会議山梨大会1日目ワークショップ(研究発表・意見交換会)
【日時】11月3日(日)13:00~17:00
第1部:南アルプスと北アルプスにおけるライチョウの生息状況
第2部:乗鞍岳など独立峰における生息状況
第3部:温暖化によるライチョウへの影響と高山帯へのシカなどの野生動物の侵入による植生への影響
※18:00より「魚覚」(市役所東隣)にて夕食を兼ねた懇親会(要 事前申込み)

第14回ライチョウ会議山梨大会2日目ワークショップ(研究発表・意見交換会)
【日時】11月4日(月)9:00~12:00
第4部:生息現地での保護対策(域内保全)
第5部:動物園でのスバールバルライチョウの飼育・繁殖(域内保全)
第6部:「種の保存法」によるライチョウの保護増殖事業について

第14回ライチョウ会議山梨大会 公開シンポジウム
【日時】11月4日(月)12:50~16:30
テーマ:「ライチョウ保護と高山環境の保全-新たな段階へ-」
・記念講演:未定
・基調講演:「ライチョウの現状と課題」中村浩志(信州大学名誉教授)
・パネルディスカション(15:10~16:30)
 コーディネーター:増沢武弘(静岡大学理学部特任教授)
 パネラー:環境省
       中村浩志(信州大学名誉教授)
       朝倉俊治(静岡ライチョウ研究会)
       廣瀬和弘(南アルプス市みどり自然課)
       清水准一(芦安ファンクラブ)

エクスカーション
【日時】11月5日(火)8:00~
【場所】櫛形山トレッキングルート
【会費】2500円程度
【詳細】後日お伝えします(要 事前申込み)

料金

無料(整理券不要)

主催者

ライチョウ会議実行委員会・南アルプス市・南アルプス市芦安山岳館

問い合わせ先

055-288-2125

 

Copyright (C) SHIZUOKA CITY All Rights Reserved.

検索

新着記事

リンク

静岡市
環境局のページ
自然環境マップ
清流の都・静岡創造推進協議会
南アルプス情報
静岡県
環境学習ホームページ
ふじのくにゆうゆうnet
環境局水利用課
環境省
環境省
環境活動団体
静岡市消費者協会
静岡県環境カウンセラー協会
アースライフネットワーク
しずおか環境教育研究会
(エコエデュ)

参加団体
静岡市 清流の都創造課
●住みよい東新田にする会
しずおか市消費者協会
静岡市 収集業務課
静岡市 生涯学習課
静岡市 河川課
静岡県フィッシング
 インストラクター協会

ホールアース自然学校
静岡市環境総務課
静岡市農林総務課
NPO法人フードツーリズム研究所

過去の記事

問い合わせ先

静岡市 環境局 環境創造課
電 話:054-221-1357
F A X:054-221-1492
Eメール:kankyousouzou@city.shizuoka.lg.jp